記事・レポート

私と音楽 ~ My favorite songs ~

更新日 : 2021年12月03日 (金)

新企画「音楽でつながろう」スタート!




新企画「音楽でつながろう」スタートしました!音楽でつながり、新しい音楽に出会いませんか?

第1弾は、山口周さん、コシノジュンコさん、福岡伸一さんのおすすめ曲をご紹介いたします。

そして、ぜひ、あなたのおすすめ曲も教えてください!(投稿はこちら
※ご投稿の皆さまを、音楽イベント「田中泰のゆるりクラシック ~バッハからショパンへ~」にご招待させていただきます。(投稿締切1/31)
【日時】2月9日(水)19:00~20:30 
詳細はこちら


 
クラシック、ジャズ、ロック、J-POP、民族音楽…、世界に溢れる多様な音楽の中で、あなたの特別な1曲、思い出の1曲は、どんな曲でしょうか。
その曲に出会い、好きになる、その背景にはどんなストーリーがあったのでしょうか。

独立研究者の山口周さん、デザイナーのコシノジュンコさん、生物学者 福岡伸一さんの3名にお聞きしました。

親がピアノの教師だったこともあって小学生の時からずっと音楽には慣れ親しんできたのですが、最近、歳をとったせいなのか「音楽が持つ人を動かす力」が少し煩わしいように感じることも増えてきました。かといってまったく音楽のない時間というのも耐えられないし、さてこれは困ったな・・・と思っていたところに出会ったのがIwamura Ryutaさんの音楽でした。この曲はちょっとバッハのコラールのような雰囲気もあり、作曲技術の高さと音楽の奥ゆかしさが高次元でバランスしている不思議な音楽だと思います。

Iwamura Ryuta
「September 9 / h-moll (ロ短調)」『Monday Impression』play
 

ゴージャスで、キュートなダイアナ・ロスの大ファンだった。その憧れの彼女が、はじめての日本公演で来日、私のショウにきてくれた。私は、驚くやら、うれしいやらで、急遽、ショウで使う音楽のすべてを彼女の歌に変更。ショウが終わるなり、ダイアナ・ロスは楽屋にかけつけ、ショウの服も靴も全部ほしいと言う。10点ほど買ってもらうことにした。後日、彼女に服を届けるためにコンサート会場へ行くと、「ジュンコのために特別席を用意するわ」と。驚いたのは、私のとなりにもう一人特別ゲスト、ディオンヌ・ワーウィックの席があった。

Diana Ross & Marvin Gaye
「You Are Everything」『Diana & Marvin』play
 

「async」とは、シンクロに、否定を表す“a”が付加された言葉。つまり、非同調という意味。坂本龍一は、一定のリズムや調性から離れて、ノイズや不協和音を大量に含む不思議な音楽を作った。「ZURE」は、まさに文字通り、不一致からなる作品。ガラパゴスの岩礁に打ち寄せる“生命海流”の音を聴きながら、ロゴス(論理)からピュシス(自然)に回帰した坂本龍一の軌跡を思った。分野は異なれど、私もまた同じような道筋の旅をしている気がした。

坂本龍一
「ZURE」『async』play

新企画「音楽でつながろう」。
第1弾は、山口周さん、コシノジュンコさん、福岡伸一さんのおすすめ曲をご紹介いたしました。

ぜひ皆さんの「おすすめの1曲」も教えていただけませんか?
第2弾は皆さんからおすすめの曲をご紹介したいと思います。
ぜひご投稿をお願いします!

そして第3弾は、来年1月頃「音楽イベント」を予定しています。
どうぞお楽しみに!

みなさんのおすすめの1曲を教えてください
投稿いただきました方に、「音楽イベント」へのご招待を予定しております。

投稿はこちら
スタッフおすすめの曲をご紹介します。
 
AI「アルデバラン」
NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の主題歌。AIのソウルフルな歌声が聴く者を包み込み、切ないシーンで流れてくると朝から号泣。。。
藤田
Blur「Good Song」
この曲のお薦めポイントはなんといってもMV。世界的アーティスト、デヴィッド・シュリグリーによる、軽く、しかしダークな作品が、世のリアルを心に突きつけます。
城所
キース・ジャレット「ザ・ケルン・コンサート」
1975年、ドイツ・ケルンでの即興演奏ライブ。45年たった今も聴くたびに驚き、新鮮さが味わえる名盤です。
中山
パコ・デ・ルシア「Entre Dos Aguas」
フラメンコに革命を起こした伝説のギタリストパコ・デ・ルシアが、世界に羽ばたくきっかけになった曲です。
中村
城所 中村 中山 藤田

新企画「音楽でつながろう」
私たちライブラリースタッフでお送りしています。

皆さんからのおすすめ曲、お待ちしています!

BOOKS

山口周さん、コシノジュンコさん、福岡伸一さん、の新刊書籍はこちら

おすすめ曲


私と音楽 ~ My favorite songs ~  インデックス