academyhills
ピープル

宇野重規(うの・しげき)

東京大学社会科学研究所教授

プロフィール

宇野重規

東京大学卒業。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。
博士(法学)。千葉大学法経学部助教授、東京大学社会科学研究所助教授、同准教授を経て2011年4月より現職。その間に、フランス社会科学高等研究院、コーネル大学ロースクールで客員研究員を務める。

19世紀フランスの政治思想家トクヴィルを出発点に、フランスとアメリカの現代政治哲学を研究し、民主主義、自由と平等、社会的紐帯、宗教などの問題を考えてきた。近年は所属の社会科学研究所の全所的共同研究プロジェクトの希望学に参加したことをきっかけに、日本各地で地域調査を行う。また、現代日本政治に関する解説・評論記事も多数執筆している。

主な著作に『政治哲学へ 現代フランスとの対話』(渋沢・クローデル賞LV特別賞、東京大学出版会)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(サントリー学芸賞、講談社学術文庫)、『<私>時代のデモクラシー』(岩波新書)、『民主主義のつくり方』(筑摩選書)、『西洋政治思想史』(有斐閣アルマ)、『保守主義とは何か』(中公新書)、『未来をはじめる「一緒にいること」の政治学』(東京大学出版会)、『民主主義とは何か』(講談社現代新書、近刊)などがある。


関連講座

2021年07月

民主主義は日本を救えるか
講座開催日:2021年07月05日 (月)

「民主主義は日本を救えるか」をテーマに、人々が自分たちの社会の問題解決に参加し、民主主義を選び直すため、宇野重規氏、平野啓一郎氏、金抗氏、三牧聖子氏を迎え、議論します。民主主義が危機を迎える今こそ考え直す、120分の大討論会です。


指定なし 一般

2020年10月

東大EMP×アカデミーヒルズ
コロナ後の世界 ― いま、この地点から考える
講座開催日:2020年10月07日 (水)

真の危機とは? 未来はどうなるのか?世界を襲ったCovid-19の影響を多角的に検証した書籍『コロナ後の世界』。今回、この論集に寄稿したメンバーの中から、政治学の宇野重規先生と中国哲学の中島隆博先生をお招きし、出版を記念したトークイベントを開催いたします。


指定なし 一般

著作書籍

未来をはじめる

宇野重規

東京大学出版会


民主主義とは何か

宇野重規

講談社


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!