セミナー・イベント

みんなで語ろうフライデーナイトvol.26

梶川幹夫さんと「関税という戦略:貿易戦争時代における日本の戦い方」を考える

日時

2019年10月11日 (金)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※終了時刻は多少前後することがございます。

終了しています

内容

梶川幹夫さんと「関税という戦略:貿易戦争時代における日本の戦い方」を考える

トランプ大統領の登場で保護貿易主義へと傾斜するアメリカ。
関税を武器に中国からの輸入を制限するも、すかさず中国が反応。
今 勃発する米中貿易戦争は、世界の自由貿易秩序を壊してでも2020年秋の大統領選に向けた実績づくりを優先したいトランプ大統領の思惑が背景にあると言われています。

消費者の目に見えない形で多くの製品に上乗せされるため「見えない税」とも表現される関税ですが、その実態は、トランプ大統領に見られるように政治手段であり、ファーウェイ問題に象徴されるように安全保障にも影響を及ぼし、米中貿易戦争の長期化を見込む多国籍企業が対米輸出拠点を他のアジア諸国に移転させるなど企業経営を左右し、私たちの消費生活にも影響を及ぼすなど、実感と影響を伴う税とも言えます。


IMF理事として国際会議に参加する梶川さん

今回のみんなで語ろうフライデーナイトは世界経済情勢に精通し、
IMF理事や財務省関税局長を務められた梶川幹夫さんがファシリテート。

梶川さんからは、今、世界で起こっている関税をとりまく状況について、最前線の現場情報を伺いながら、世界の中での日本の振る舞いや立ち位置について、どんな理想を掲げるとよいか?皆さんの意見を伺いながらディスカッションいたします。

 



「みんなで語ろうフライデーナイト」とは
スピーカーと参加者が少人数でフラットに一体となって知恵を深めていくミーティング「みんなで語ろうフライデーナイト」。
情報過多と言われる時代。私たちは溢れる情報に追われて眺めるだけで、「自分の頭でしっかり考え、そこから生まれた自分の意見を人に伝えていく」時間を持てずにいます。しかし、誰もが発信者になれる今の時代だからこそ、インプットを自分の中で咀嚼し、自分なりの考えをアウトプットとして出していくことが必要です。
「みんなで語ろうフライデーナイト」では、全員のアウトプットがそれぞれのインプットとなって連鎖し、議論を深めていくことを目指します。
参加者が一体となって議論を作っていくイベントで、じっくり考えを深めませんか?



【お申込みに関するご案内】
10月1日施行の消費税率引き上げに伴い、受講料は以下になります。
 9月末までのお申込 :5,400円(税率8%)
10月以降のお申込    :5,500円(税率10%)

■ライブラリーメンバー■
六本木ヒルズライブラリー、アークヒルズライブラリーのメンバーの方は、メンバー割引価格がございます。メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込み画面で該当コードをご入力ください。また、セミナー当日の受付時に会員証のご提示をお願いいたします。


講師紹介

ファシリテーター
梶川幹夫 (かじかわ・みきお)
株式会社NTTドコモ 常勤社外監査役

1959年生まれ。
東京大学法学部卒業。プリンストン大学修士課程修了(行政学修士、国際経済学専攻)。
1982年大蔵省入省、2014年国際通貨基金(IMF)理事、2016年 財務省関税局長などを務める。
G20/G7会合に財務大臣副代理として多数出席。

2018年より株式会社NTTドコモ 常勤社外監査役(現在に至る)。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2019年10月11日 (金)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※終了時刻は多少前後することがございます。

受講料 5,000円(税別)

※ライブラリーメンバー:4,000円(税別) メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込み画面で該当コードをご入力ください。


定員 15名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2019年10月11日(金)15:00まで


六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB