セミナー・イベント

みんなで語ろうフライデーナイトvol.23

丸山俊一さんと「資本主義のゴールってナンだ?」を考える

日時

2019年09月13日 (金)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※終了時刻は多少前後することがございます。

終了しています

内容

丸山俊一さんと「資本主義のゴールってナンだ?」を考える

経済学者、哲学者、歴史家…世界のトップランナー達の言葉、歴史上の巨人の思想の本質の読み解きなどから、「資本主義の今、これから」に迫る異色の教養ドキュメント「欲望の資本主義」の企画/制作統括の丸山俊一さん。
今回、丸山さんとともに「資本主義の“ゴール”とは?」「欲望と幸福のジレンマ」について考えます。
資本主義を駆動させる「欲望」。しかし「幸福」を求めて走っているはずが、いつの間にか、何を目指しているのかわからなくなるのはなぜでしょう? 「ゴールの設定は時として、それが強迫観念となり、過剰適応を生み、視野狭窄へとつながり、結果さらに委縮した「ゴール」設定を生む…」と指摘する丸山さん。
このプロセスそのものが、現代の資本主義の一断面との問題意識を持たれています。「やめられない、とまらない。欲望が欲望を生む、欲望の資本主義。」、いつもこのナレーションから問題提起が始まる「欲望の資本主義」のプロデューサーとともに、「これからの資本主義のあり方」について皆さんと一緒に考えます。



「みんなで語ろうフライデーナイト」とは
スピーカーと参加者が少人数でフラットに一体となって知恵を深めていくミーティング「みんなで語ろうフライデーナイト」。
情報過多と言われる時代。私たちは溢れる情報に追われて眺めるだけで、「自分の頭でしっかり考え、そこから生まれた自分の意見を人に伝えていく」時間を持てずにいます。しかし、誰もが発信者になれる今の時代だからこそ、インプットを自分の中で咀嚼し、自分なりの考えをアウトプットとして出していくことが必要です。
「みんなで語ろうフライデーナイト」では、全員のアウトプットがそれぞれのインプットとなって連鎖し、議論を深めていくことを目指します。
参加者が一体となって議論を作っていくイベントで、じっくり考えを深めませんか?



【お申込みに関するご案内】

■ライブラリーメンバー■
六本木ヒルズライブラリー、アークヒルズライブラリーのメンバーの方は、メンバー割引価格がございます。メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込み画面で該当コードをご入力ください。また、セミナー当日の受付時に会員証のご提示をお願いいたします。



講師紹介

ファシリテーター
丸山俊一 (まるやま・しゅんいち)
NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブプロデューサー/東京藝術大学客員教授/早稲田大学非常勤講師

「欲望の資本主義~ルールが変わる時~/~闇の力が目覚める時~/偽りの個人主義を越えて~」「欲望の民主主義~世界の景色が変わる時~」「欲望の経済史」「欲望の時代の哲学」など、近年「欲望」をキーワードに現代社会を読み解く異色ドキュメントを次々に企画開発、制作統括。その他「人間ってナンだ?超AI入門」「地球タクシー」「ネコメンタリー猫も、杓子も。」など様々なジャンルのドキュメント、教養エンターテイメントをプロデュースし続ける。
慶応義塾大学経済学部卒業後、NHK入局、教養番組部ディレクター、チーフ・プロデューサーなどを経て現職。過去に「英語でしゃべらナイト」「爆笑問題のニッポンの教養」「ソクラテスの人事」「仕事ハッケン伝」「ニッポン戦後サブカルチャー史」などを企画開発。
著書に「14歳からの資本主義」(大和書房)「結論は出さなくていい」(光文社新書)「欲望の資本主義」1~3(東洋経済新報社 制作班との共著)「マルクス・ガブリエル欲望の時代を哲学する」(NHK出版新書 同)「欲望の民主主義」(幻冬舎新書 同)ほか。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2019年09月13日 (金)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※終了時刻は多少前後することがございます。

受講料 5,000円(税別)

※ライブラリーメンバー:4,000円(税別) メンバーアプリにて「プロモーションコード」をご確認いただき、お申込み画面で該当コードをご入力ください。


定員 15名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2019年9月13日(金)15:00まで


六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB