セミナー・イベント

六本木ヒルズクラブランチョンセミナー
見える表現・見えない表現

一般ライブラリーメンバー

日時

2021年09月16日 (木)  12:30~13:30
終了しています

内容

9月のランチョンセミナーは、書家/芸術家の紫舟氏をお迎えいたします。

紫舟氏の作品は、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)のタイトル等、力強くそして表現豊かな文字が印象的です。
紫舟氏は、2014年にルーブル美術館で開催された『ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール サロン展』では日本人として初めて、金賞と審査員金賞をダブル受賞、2015年は『ミラノ国際博覧会』で金賞受賞。2019年にはエンターテーメントの頂点ラスベガスMGMに4回渡米し、2カ月滞在制作公開。海外から積極的な招聘を受け作品を発表。 “書”を超えて新しい表現にチャンレジされていらっしゃいます。2020年には、髙島屋で開催した個展が全国7店舗を巡回しました。
直近では、東急セルリアンホテルにて紫舟展と紫舟氏がプロデュースした日本の伝統工芸×アート作品の画廊の準備を進めています。

今回のセミナーでは、海外活動を通じて紫舟氏が気付いた日本と西洋でのモノの見え方の違い、その違いを意識しながら日本らしさを表現するために意識し工夫されていることなどについてお話しいただきます。


講師紹介

スピーカー
紫舟 (ししゅう)
書家/芸術家/大阪芸術大学教授

日本の伝統文化である「書」を、絵、彫刻、メディアアートへと昇華させ、文字に内包される感情や理を引き出す。その作品は唯一無二の現代アートであり、日本の思想や文化を世界に発信している。

2014年、フランス・ルーヴル美術館地下会場でのフランス国民美術協会展にて、書画で「金賞」、彫刻で「最高位金賞」を日本人初のダブル受賞。

2015年、イタリア・ミラノ国際博覧会にて日本館のエントランス展示を手掛け、展示デザイン部門で「金賞」を受賞。
フランス・ルーヴル美術館地下会場でのフランス国民美術協会展にて「主賓招待アーティスト」に選出され大規模展を開催。日本人では横山大観以来の快挙となる。

2017年、天皇皇后両陛下(現、上皇上皇后両陛下)が『紫舟』展に行幸啓され、紫舟氏自ら作品をご案内。

写真:©️masaaki miyazawa

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2021年09月16日 (木)  12:30~13:30
受講料 2,200円(税込)
定員 40名

※定員になり次第、締切ります。

注意事項

本イベントは、Zoomウェビナーによるオンラインセミナーです。

視聴URLは9月14日にメールにてご案内いたします。
視聴URLが届かない場合は事務局までお問合せ願います。

・ご視聴時、他の参加者から顔と名前は見えません。
・PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をお勧めしております。

これまでZoomにアクセスしたことのない方は、事前に以下Zoomの接続サイトをご活用ください。
zoom.us/test

【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

主催
協力
  • アカデミーヒルズ

※お申込み期日:2021年9月14日(火)15:00 (※定員になり次第、締切ります。)


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB