記事・レポート
活動レポート

アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> vol.1

「アート、天文、資本主義の最先端」って何ですか?

活動レポート



異分野の掛け合わせで何が起こるのか? WEB上で語り合う鼎談シリーズ第1弾!
このシリーズ第1弾に登場するのは、専門領域の異なる3名のプロフェッショナルです。


「アート × 天文 × 資本主義」
   森美術館館長・片岡真実さん(アート)
   東京大学准教授・高梨 直紘さん(天文)
   NHKエンタープライズ ・丸山俊一さん(資本主義)

今、それぞれの分野からは、どんな景色が見えているのでしょうか?

お互いの意見に疑問・質問を重ねていく連続セッションは、次のように進めていきます。
  ①「それぞれの専門分野について聞く」(←今回は、ここです)
  ②「お互いの分野について質問する」
  ③「それぞれの質問、読者からの質問に答える」
探り深めあう読者参加型の誌面セッションを、どうぞお楽しみください!


今回の質問はこちら
「その分野での最先端って何ですか?」



アートの最先端
片岡真実
森美術館館長

写真:伊藤彰紀

現代アートと呼ばれている分野についてお応えすると、欧米を中心に新しいイズムや動向が連綿と続いた1980年代までと比べて、90年代以降は徐々に文化的な多様化が進み、ひとつの最先端ではなく、複数の進歩的な考え方や表現がある、という状況が続いています。

現代アートには世界の政治、経済、社会や文化が投影されますから、例えば政治的、宗教的な衝突の歪みが生む各地の難民問題や植民地化の歴史とその遺産などが、作品の批評的主題になっています。また、経済成長の著しい地域のアートは注目され、新興富裕層が新しいコレクターになり、私設美術館が創設されたりしています。

一方、表現の自由は民主主義政治の原則ですが、批評性の高いアートは検閲対象になってきた歴史もあり、今日もなおそうした懸念と隣り合わせにあります。

近年ではダイバーシティの考え方が広がり、近現代美術館のコレクションや展覧会プログラムにおける人種、民族、ジェンダーなどの不均衡を是正しようとする動きが顕著です。また、人類学博物館などでは植民地化時代に奪取された文化財を返還する動きもあります。今後は、気候変動など地球規模の課題に向けたアートや美術館の対応が急速に問われていくでしょう。



天文の最先端
高梨 直紘
天文学普及プロジェクト「天プラ」代表
東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 特任准教授
天文学分野で最先端の話題。それは、なんといっても「太陽系外惑星」の話題でしょう。この宇宙には、我々以外にも生命が存在するのか否か。古来、人類が興を持ち続けてきたこの問いに対して、私たちは大きな一歩を踏み出しつつあります。

実は、ついこないだまで、太陽系以外の宇宙にはひとつの惑星も見つかっていませんでした。もちろん、太陽のように輝く星は無数にあります。しかし、“水金地火木土天海”のような惑星が見つかっていなかったのです。この宇宙で生命を宿す惑星は、もしかすると地球だけなのかもしれない。まさに奇跡の星、地球!

その思い込みを打ち崩したのが、ペガスス座51番星のまわりを回る惑星の発見でした。1995年にこの惑星が発見されたことによって系外惑星探しが本格化し、今日までに4,000個を超える惑星が発見されています。中には、地球とよく似た環境を持っていてもおかしくない惑星が何個も見つかっているのです。これ、すごいことじゃないですか??

もちろん、だからといって、そこに生命が発見されたわけではありません。生命が存在できる環境がどれほどあるのかも未知数。しかし、天文学者たちは大きな期待を持っています。もしかすると、遠くない将来に私たちの世界観を書き換える発見があるかもしれません。天文学は、宇宙を通じて私たちのありようを知る
営みでもあります。ぜひご注目下さい。



資本主義の最先端
丸山俊一
NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブプロデューサー
東京藝術大学客員教授/早稲田大学非常勤講師
日々不透明感が増すばかりの今ですが、現在の市場、経済の構造の背景にあるのは、この30年の間に進んだ、1グローバル化、2テクノロジー化、そして3ソフト化、サービス化です。1、2はよく指摘されますが、この3、「感情の商品化」と言える流れの強度が現在の資本主義に与える影響は大きなものがあります。

モノからコト、トキ、イミへ、無形の体験などが占める消費が増え、同時にそうした第三次産業を生業とする人々が大きな層を占める社会は、非常に流動性が高いものになります。いわゆるポスト産業資本主義です。モノで差別化するのではなく、イミで差異化するポスト産業資本主義では、何かを欲しい、何かをしたいという欲望を支える感情、心そのものが「商品」となることで二重の不安定性が生まれます。

こうして資本主義を駆動する「欲望」の形が見えにくくなる中で起きたコロナショック。
1で世界に波及、2で瞬時に、そして3の感情消費が相まって、不安が増幅。さらに、この不安感が買いだめというモノ消費へと「逆行」させる、という錯綜を生んでいます。
「最先端」は人々の心の底に巣食う不安感にあると言えるのかもしれません。そしてもう一つの「最先端」は「社会主義」?  資本主義は、「修正」という形でいつも「社会主義」的な要素を取り込みバランスを取ってきましたが、市場原理主義の行き過ぎが指摘される今、「社会主義」を求める声も高まっています。

「市場」を保つ為「市場」外に助けを求める皮肉な逆説が繰り返される歴史。この古くて新しい逆説の中にあるのが、資本主義なのです。


 
読者のみなさまも
「この誌面セッションに参加しませんか?」

読者の皆様からのご質問、 ご感想も大募集中です!
サイト上で3名の方と展開する議論に皆様も参加してみませんか?
 

アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> インデックス

 アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> vol.1「アート、天文、資本主義の最先端」って何ですか?
 アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> vol.2森美術館館長・片岡真実さんの回答編
 アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> vol.3天文学普及プロジェクト「天プラ」代表・高梨直紘さんの回答編
 アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> vol.4NHK「欲望の資本主義」のプロデューサー・丸山俊一さんの回答編
 アートと 天文と 資本主義 <新WEBセッション> vol.5読者の皆さんからの質問にお答えします!

講師紹介

片岡真実(かたおか・まみ)
森美術館 館長

ニッセイ基礎研究所都市開発部、東京オペラシティアートギャラリー・チーフキュレーターを経て、2003年より森美術館。2007〜09年はヘイワード・ギャラリー(ロンドン)国際キュレーター兼務。第9回光州ビエンナーレ(韓国、2012)共同芸術監督、第21回シドニー・ビエンナーレ芸術監督(2018)。CIMAM(国際美術館会議)会長、京都造形芸術大学大学院教授。日本及びアジアの現代アートを中心に企画・執筆・講演等多数。

森美術館
森美術館

現代アートを中心にファッション、建築、デザイン、写真、映像など様々なジャンルの展覧会を開催。


高梨直紘(たかなし・なおひろ)
天文学普及プロジェクト「天プラ」代表
東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム 特任准教授


1979年(昭和54年)広島県広島市生まれ。2008年(平成20年)東京大学大学院博士課程修了 博士(理学)、国立天文台 広報普及員・研究員(ハワイ観測所)を経て、現在に至る。天文学と社会の関係をどのようにデザインするか、という観点から実践的な研究活動を行っている。六本木天文クラブの企画責任者。主な著作物に「一家に1枚 宇宙図」(共著)など。

天プラ(tenpla) 天文学普及プロジェクト
天プラ(tenpla) 天文学普及プロジェクト

「天文学とプラネタリウム」が語源の「天プラ」。天文宇宙ライフの楽しみ方を提案する活動を行っています。


丸山俊一(まるやま・しゅんいち)
NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブプロデューサー
東京藝術大学客員教授/早稲田大学非常勤講師


「欲望の資本主義」を始めとする「欲望」シリーズ、「地球タクシー」「ネコメンタリー」他、時代の潮流を捉える企画を開発、制作し続ける。
著書「14歳からの資本主義」「結論は出さなくていい」共著「欲望の資本主義1~3」「マルクス・ガブリエル欲望の時代を哲学するⅠ、Ⅱ」「AI以後」他多数。

NHKドキュメンタリー「欲望の資本主義」
NHKドキュメンタリー「欲望の資本主義」

「やめられない、止まらない。欲望が欲望を生む、欲望の資本主義。」
2016年5月、このフレーズにて大好評で幕を開けた「欲望の資本主義」。「欲望の経済史/民主主義/時代の哲学/哲学史」など様々な広がりのあるシリーズ展開しています。


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter