記事・レポート

伊勢谷友介とリバースプロジェクト その理念と実践に迫る

人類が地球に生き残るために、どうするべきか?

環境
更新日 : 2012年03月22日 (木)

第1章 世界中の人が日本人と同じ生活をするには、地球が2.5個必要

役者として強烈な個性を放つ、伊勢谷友介氏。表現者として活躍するとともに、社会企業家として「リバースプロジェクト」を設立し、地球の環境や未来を守る活動を展開しています。己の信念をアートと行動で示し、ポジティブな社会変革を目指す氏の核心に、森美術館チーフ・キュレーターの片岡真実が迫ります。

講師:伊勢谷友介(俳優/監督/REBIRTH PROJECT(リバースプロジェクト)代表)
モデレーター:片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)

伊勢谷友介氏(左)片岡真実(右)

片岡真実: 「六本木アートカレッジ」のオープニングセッションに、伊勢谷友介さんをお迎えしました。みなさんには楽しみながら、「自分にとってアートって何だろう?」と考えるきっかけにしていただければと思います。

伊勢谷さんは「人類が地球に生き残るために、どうするべきか?」という大きなテーマを提案してくださいました。会場のスクリーンには「宇宙から見た地球」が映し出されていますが、これは?

伊勢谷友介: この目線って、人間が宇宙に行ったときに初めて持ったものですよね。これは実際の目線ですけれど、僕が大事だと思うのは「意識として、僕ら一人ひとりがどの目線でこの地球上に立っているか」だと思うんです。これをまず皆さんと共有したくて、この画像を出しました。

片岡真実: 今、日本だけでなく、世界中でいろんなことが起こっていますが、伊勢谷さんは地球全体をどんなふうに眺めていますか。

伊勢谷友介: 地球には70億人の人間が住んでいますが、全員が日本人と同じ生活をしようと思ったら、地球が2個半必要だそうです。それだけ地球を消費しているということは、日本人の生活は地球上で破綻しているということです。ちなみにアメリカは約5個半。先進国の生活はもうダメで、あり得てはいけないものになっているんです。この事実を認識することが大事だと思います。

片岡真実: その地球の数は、食物を生産するために必要な土地面積ということですか?

伊勢谷友介: そうですね。あとは森林とか海とか、いろいろです。人間がどれだけ自然に依存しているかを概算したものだそうです。(※参照:エコロジカル・フットプリント)

こういう大きな問題に直面すると、たいていの人は「自分じゃ何もできない」と思ってしまって、「一人ひとりが動かないと、地球は変わらない」とはなかなか意識できません。でもここにいるみなさんは、それが意識できた人としてスタートして、「次にアクションをどう起こすか」ということを僕らの事例をもとに探ってもらいたいと思います。

片岡真実: それって震災後の「節電」がいい例ですよね。震災前は「自分一人がこまめに電気を消したところで……」なんて思っていたものが、震災後、集団の力になったとき、大きな結果として出ました。

伊勢谷友介: あれには鳥肌が立ちました。夜は電力が余っていたという事実はありますが、夜中に暑さで亡くなられる方がいたにもかかわらず、覚悟を持って他人のために電源を落とす。そういう意識をみんなが持てたというのは、新しい人間同士のシノプシス(※梗概、流れ)が生まれているんじゃないかと感じます。

Clip to Evernote

関連リンク

  六本木アートカレッジ「人類が地球に生き残るために、どうするべきか?」

俳優、映画監督、美術家の伊勢谷友介氏は、「人類が地球に生き残るために何かできるのか」をテーマに、 主宰する「REBIRTH PROJECT」でさまざまなプロジェクトを展開してきました。特に、3.11東日本大震災以 降は精力的に活動を広げています。それは未来にとってどんな可能性を持っているのか、私たちは日常的 にどんな心構えが必要なのか?森美術館チーフ・キュレーターの片岡真実氏との対談で、アートもビジネス も社会問題も一体となって考える、広い視点から見た未来について語ります。


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter