記事・レポート

「本気で志を形にしたい人へ」米倉誠一郎×髙島郁夫

日本元気塾 第3期開講プレ対談 第1弾

日本元気塾
更新日 : 2012年02月07日 (火)

第2章 転んだやつを笑わない

髙島郁夫氏

米倉誠一郎: 僕は「転んだやつを笑わない」ということを信条にしています。転ぶのは歩いたからであって、座っているやつは転ばないですからね。でも日本は、先陣を切って行って転んだやつを笑うでしょう。そうじゃなくて、身銭を切って世界に出て行こうとする人間に、政府もそうですが、我々も「ありがとう」って言わなきゃいけないですよね。

髙島郁夫: いつも思うんですけど、ソニーの盛田(昭夫)さんのように単身で、恥も外聞もなく乗り込んでいった企業は、やっぱり海外で通用するんです。海外進出を支援する組織におんぶに抱っこで行ったのでは、成功しません。

米倉誠一郎: 自分で切り拓く気概ですよね。僕はソニーのポケッタブルラジオのエピソードが大好きでなんです。ソニーのラジオって、結構大きかったんですよね。だから盛田さんはアメリカに行く前、ワイシャツを特注してポケットを大きくして入れて行った。それをアメリカ人が見たら……。

髙島郁夫: 「おっ! ポータブルだ」って(笑)。

米倉誠一郎: そうそう。アメリカ人は「すごい!」と思って買ったけれど、どうも自分のポケットには入らない。おかしいなと思ったら「盛田のポケットはでかかった」っていう話(笑)。しかも盛田さんの英語って、文法は間違ってるし、単語はめちゃくちゃだったそうです。それでもアメリカ人は引きつけられて、片時も目を離さなかった。それは上手い下手を超えて、ソニーにかける情熱がほとばしっていたからだというんです。それぐらいの気概を持って行かないとダメなんでしょうね。でも、世界にはチャンスはいっぱいあると思うんです。

髙島郁夫: たくさんありますよ、本当に。

米倉誠一郎: 僕は来週、インドの新興マーケットを見に行くツアーをやるんです。日本のエグゼクティブは「グローバリゼーションが大事だ」と口では言っていますが、車で送り迎えされて、夜は銀座で会食してるから、現地に行ってないんです。だから連れて行かなきゃダメだと思って。こういう所に日本元気塾の塾生も連れて行きたい。

髙島郁夫: インドはおもしろいですよ。ひょっとしたら中国よりすごいかもしれません。インド人は根底に宗教があるからだと思うのですが、考え方がまともなほうを向いています。しかも、いいものをつくろうとする感性もあります。この違いは、田舎のトイレがきれい・汚い、田舎の食堂で飯が食える・食えないの違いなんです。実はこういうことがすごく大きいことなんじゃないかと、いつも思います。

米倉誠一郎: それも地に足のついたグローバリゼーションですね。「Think Globally, Act Locally」という。

Clip to Evernote

関連書籍

『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』(ミシマ社、米倉誠一郎著)

『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』(ミシマ社、米倉誠一郎著)

米倉誠一郎
ミシマ社

関連リンク

「本気で志を形にしたい人へ」米倉誠一郎×髙島郁夫 インデックス


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter