六本木ヒルズライブラリー
トピックス

私にとっての幸せとは…?

~幸せに関する本&ドキュメンタリー映画「HAPPY」と六本木ライブラリー~

更新日 : 2012年02月01日 (水)

文:小林(幸)

21世紀になり、私たちは物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさをますます重視するようになってきています。内閣府の「国民生活に関する世論調査」でも、物質豊かさを求める人よりも精神的な豊かさを求める人の方が2倍ほど。
指標もGNP(国民総生産)ではなく、GNH(国民総幸福度)=国民の幸せが増す政策を中心に取り組むブータンを見習おうと、ブータンに関する著作、ブータンのように幸福度を指標にした書籍などが増えてきています。
また昨年の東日本大震災を機に、自分にとって大切なものや幸せについて、改めて考えた方も多いのではないでしょうか。

六本木ライブラリーの新着書棚にも、「幸せ」とタイトルにある本が、あちらこちらに並んでいます。
写真でご紹介している以外にも、『幸福の研究 — ハ-バ-ド元学長が教える幸福な社会』、『幸せな小国オランダの智慧』、『社員と地域を幸せにする会社—夢はここからはじまる』などなど…、ここには掲載しきれません。

その「幸せ」について、世界14カ国6年の歳月をかけ、ポジティブ心理学者と深く探求したドキュメンタリー映画『HAPPY』が、2月11日の「ワールド・ハッピー・デイ」に、世界同時上映されるそうです。

茂木健一郎氏訳のベストセラー『「脳」によいこと」だけしなさい!』でも取りあげられたこの映画、配給は、昨年2011年夏の「アカデミーヒルズ 元気塾セミナー」でお話いただいたユナイテッド・ピープル社。ドイツ発のドキュメンタリー話題作『第4の革命-エネルギー・デモクラシー』も配給し、この2012年1月にはアカデミーヒルズでも、『第4の革命』の上映会を開催しました。
(ユナイテッド・ピープル社は、人と人とをつなぎ、世界の問題を解決することをミッションとしています。)

そして、この映画にある幸せになる方法を、シェアする活動をしていたのが、1年ほど前、六本木ライブラリーで活動していたメンバーズ・コミュニティ『ハピネス40%向上ドリル』 です。
このコミュニティ代表の清水ハン栄治さんは、映画「HAPPY」のメインプロデューサーでした。

私を幸せにするもの?!、私にとっての幸せとは、何でしょう?
気になる方は、ぜひ本や映画を、ご覧になってはいかがですか。

六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊