六本木ヒルズライブラリー
イベント

Indigo Blue×アカデミーヒルズライブラリー
若手社員からベテラン社員まで、一流の仕事の流儀
『入社一年目からの仕事の流儀』出版記念セミナー

【スピーカー】柴田 励司(株式会社Indigo Blue代表取締役会長) (19:00~20:30)

ライブラリーイベント

【六本木/アークヒルズ/平河町ライブラリーメンバー対象】
※申込みはマイページからとなります。
※ご同伴の方は参加できませんのでご注意ください。
【会場】アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)

日時

2016年09月26日 (月)  19:00~20:30
終了しています

内容

【概要】

仕事を身に付けるために絶対に必要なものとは…

仕事の流儀とはなんでしょうか。礼儀や敬語、作法などいろいろあると思いますが、社会人として活躍するための流儀とは大きく違います。頑張っても評価されない、こんな時代だからこそ身に付けるべきものがあります。
そのために必要なもの、それはどんな経験をするか、誰と働くかということ。
ただこの二要素のみなのです。つまり「こいつを育てたい」と思わせる存在になることが重要なのです。

具体的なことはただ3つ。
1つ目は「足手まといである」こと。
2つ目は「チャーミングであること」。
3つ目は「役に立つ存在であること」。

そのために必要なことをぎゅっと凝縮したものが「入社1年目からの仕事の流儀」です。仕事の細かいところでの意味、なぜと思っていることなど、本セミナーでは具体的な話も交えながら解説していきます。

入社1年目だけでなく、若手社員、指導社員を持ったベテラン社員など多くの方にも明日からすぐ変われる、ずっと役に立つ51の方針を身につけましょう。




【柴田 励司 氏 プロフィール】

1962年東京都生まれ。
上智大学文学部英文学科卒業後、 京王プラザホテル入社。
京王プラザ在籍中に、在オランダ大使館出向。
その後京王プラザホテルに戻り、同社の人事改革に取り組む。
1995年、組織・人材コンサルティングを専門とするマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング(現マーサージャパン)に入社。 2000年、38歳で日本法人代表取締役社長に就任。組織に実行力をもたらすコンサルティング、次世代経営者層の発掘と育成に精通する。 2007年、社長職を辞任し、キャドセンター代表取締役社長、デジタルスケープ(現イマジカデジタルスケープ)取締役会長、デジタルハリウッド代表取締役社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任。 2010年7月より「働く時間」「学ぶ時間」をかけがえのないものにしたいという思いのもと、経営コンサルティング事業と人材育成事業を柱とする㈱Indigo Blueを本格稼働。2015年11月より代表取締役会長に就任。

[ その他兼務職 ] パス株式会社 代表取締役CEO 株式会社ジヴァスタジオ 代表取締役会長 株式会社マードゥレクス 代表取締役会長
アルバス株式会社 社外取締役 株式会社テレコムスクエア 社外取締役 他

参考図書

優秀なプレーヤーは、なぜ優秀なマネージャーになれないのか?

優秀なプレーヤーは、なぜ優秀なマネージャーになれないのか?

柴田励司
クロスメディア・パブリッシング

遊んでいても結果を出す人、真面目にやっても結果の出ない人

柴田励司
成美堂出版

どうしてあのヒトは、デキるのだろう。

柴田励司
PHP研究所



六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報