六本木ヒルズライブラリー

1 hour talk 世界を動かすエリートはなぜ、この「フレームワーク」を使うのか?

欧米のトップエリートが活用するフレームワークが身に着く!
(19:30~20:30)
【スピーカー】 原田 武夫 (株式会社原田武夫国際戦略情報研究所代表取締役)

ライブラリーイベント

【六本木/アークヒルズ/平河町ライブラリーメンバー対象】
 ※マイページよりお申込みください。
 ※同伴者はご参加いただけません。
【会場】アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)

日時

2015年08月25日 (火)  19:30~20:30 
終了しています

内容

日本企業の現場に足りないものは先を見通すスキル。
日本外交を飛び出しグローバルに活躍する原田武夫が思考法を伝授!

「テロ」「為替」「デフォルト」「感染症の大流行」など、多くのリスクがすさまじいスピードで私たちを取り囲んでいます。「今日は昨日と同じ。明日も今日と同じ」ではなく、「今日は昨日とは違う。明日も今日とはまったく違う」という不確実性に直面した新しい現実の中で、的確に備え、動くことができるかどうかが、死活問題になっています。
—「なぜ日本人は常に受け身なのか?」
—「どうすれば日本人はフレームワークを提示することができるのか?」
この問題を抱き2005年に外務省を自主退職した著者が、研究を重ねてたどりついた究極の思考の「フレームワーク(枠組み)」が「類推法」です。類推法は、「演繹法」「帰納法」と並んで西洋においては伝統的な「論理法」のひとつ。にもかかわらず、「類推法」は学校で学ぶ機会がありません。
しかしこの類推法という「フレームワーク」こそ、実のところ世界を動かすエリートたちがありとあらゆるところで用いてきているもの。
「類推法」という世界標準のフレームワークを体得すれば、グローバルな舞台でも先を見通すスキルが得られるはずです!




原田 武夫 氏 プロフィール


原田 武夫(はらだ たけお)
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所代表取締役 (CEO)。
1993年、東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に入省。
大臣官房総務課を経て、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐として北朝鮮班長を務める。2005年3月、外務省を自主退職。「すべての日本人に“情報リテラシー"を!」という想いの下、情報リテラシー教育を多方面に展開。マーケットとそれを取り巻く国内外情勢の調査・分析レポートを日々発信するとともに、日本各地でセミナーを開催。
「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」等、多数の有名国際会議にパネリストとして招かれる。2015年より政府間会合G20を支えるグローバル・ビジネス・リーダーの会議体であるB20メンバー。
著書に『騙すアメリカ 騙される日本』 (ちくま新書)、『計画破産国家アメリカの罠』(講談社)、『アメリカ秘密公電漏洩事件——ウィキリークスという対日最終戦争』(講談社)、『世界史を動かす日本: これからの5年を迎えるために本当に知るべきこと』(徳間書店)など。その他、日独で著書・翻訳書多数。
公式サイト : http://www.haradatakeo.com



参考図書

世界を動かすエリートはなぜ、この「フレームワーク」を使うのか?

原田武夫
かんき出版



会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報