六本木ヒルズライブラリー
イベント

講談社「現代ビジネス」× アカデミーヒルズ コラボレーションイベント
どうしたら消費者を動かせるのか?「市場創造」のためのマーケティング戦略
【ゲスト】山本由樹(株式会社gift 代表取締役社長/元美ストーリー編集長)
    汲田貴司(株式会社一休CMO)
     山田まさる(株式会社インテグレートCOO)
【モデレーター】瀬尾傑(株式会社講談社 現代ビジネス編集長)

ライブラリーイベント

【ライブラリーメンバー対象】※申込みはマイページよりお願いします。※定員70名先着順です。

日時

2013年02月05日 (火)  19:00~21:00

終了しています

内容

講談社「現代ビジネス」コラボレーションイベント

第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届けるWEBメディア「現代ビジネス」。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及しています。

この度、六本木ライブラリーでは、「現代ビジネス」とコラボし、時代を象徴するオピニオンリーダーを迎えセミナーを開催します。こちらのセミナーに、六本木/平河町ライブラリーメンバー70名様をご招待します。先着順となりますので、奮ってご応募ください。

概要

複雑化した成熟消費社会において、「市場創造」はマーケターにとって大きな命題と言えます。新しいマーケットを見つけ、消費者を動かす『鍵』はどこにあるのでしょうか?『美魔女』ブームの仕掛け人で、新雑誌『DRESS』を手掛ける山本由樹氏、株式会社一休で『心に贅沢市場』の創造に取り組む汲田貴司氏、IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)プランニングブティックを率いる山田まさる氏の3者に、具体的事例を交えながら「市場創造のためのマーケティング戦略」立案のポイントをお話いただきます。

プロフィール

【山本由樹氏】
株式会社gift 代表取締役社長。1962年生まれ。上智大学新聞学科卒業後、光文社に入社。『週刊女性自身』で16年、その後『週刊DIAS』を経て、2002年『STORY』創刊メンバーとなる。2005年~2011年まで同誌編集長。2008年には『美STORY』を創刊し(現在の『美ST』)、2010年から「国民的美魔女コンテスト」を開催。「美魔女ブーム」を作る。現在、株式会社gift 代表取締役社長。

【汲田貴司氏】
株式会社一休 取締役CMO。花王株式会社、株式会社博報堂を経て、2010年株式会社一休入社、同年6月より現職。一貫してマーケティング業務に従事。自身のマーケティング・フィロソフィーは、「生活者や顧客視点からの価値創造と市場イノベーション」。現在は同社にて「心に贅沢市場」の創造、及び経営改革に取り組む。

【山田まさる氏】
株式会社インテグレート 取締役COO。1992年株式会社コムデックス入社。1997年常務取締役、2002年取締役副社長就任。2003年藤田康人(現・株式会社インテグレートCEO)とB2B2C戦略の立案に着手。2005年食物繊維の新コンセプト「ファイバー・デトックス」を仕掛け、第2次ファイバー・ブームを巻き起こした。同キャンペーンは、日本PRアワードグランプリ・キャンペーン部門賞を受賞。2007年5月、IMC(Integrated Marketing Communication)を実践する日本初のプランニングブティックとして、株式会社インテグレートを設立、COOに就任。2008年 株式会社コムデックス 代表取締役社長に就任。

【瀬尾傑氏】
株式会社講談社「 現代ビジネス」編集長。1965年兵庫県生まれ。同志社大学卒業。日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社後、経営企画室、日経ビジネス編集部などを経て、講談社に転職。2010年日本初の本格的政治・経済専門Webサイト『現代ビジネス』を立ち上げ、編集長に就任。2012年リチャード・ブランソン、ハワード・シュルツ、ポール・クルーグマンや岩瀬大輔、辻野晃一郎らが寄稿するメールマガジン「現代ビジネスBRAVE」をローンチした。

参考図書

統合知—“ややこしい問題”を解決するためのコミュニケーション

山田まさる
講談社

脱広告・超PR

山田まさる
ダイヤモンド社

「欲望」のマーケティング—絞り込む、巻き込む、揺り動かす

山本由樹
ディスカヴァ−・トゥエンティワン



六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報