会員制ライブラリー

スーパーマンの渋沢栄一と株式会社

[カイシャって何だろう]シリーズ

ライブラリーメンバー



【ライブラリーメンバー対象】 

※下記よりお申し込みください。

日時

2021年02月12日 (金)  19:00~20:00
2021年01月28日 (木)  19:00~20:00
終了しています

内容

2021年は注目を浴びそうな渋沢栄一。渋沢翁というと『論語と算盤』が注目されますが、今回の2回のウェビナー(Web Seminar)では、ちょっと視点を変えて、皆さんが今働く「カイシャ」に、彼の理想がどんな風に生きているかを考えようと思います。
 
1回目では、『もしドラ』で有名になったドラッカーの渋沢評を起点に、まず、渋沢栄一の考えや構想を整理してみます。ビジネスパーソンの「自律心」、「カイシャ」と社会の関係、そして、彼がフランスで知った「株式会社」というシステム。それぞれに触れながら、ちょっとアカデミックに渋沢翁の想いに迫ってみます。
 
2回目は実践編です。「サービス残業」「コーポレートガバナンス」「内部留保の使い途」「ステークホルダー」など、今もよく話題になる「カイシャ」に関わる課題について、渋沢栄一の理想に結びつけてお話しします。「これは渋沢さんのアイデアだったのか」と思えるように、今も生きている渋沢栄一の理想いついて考えます。
 
ドラッカーは「日本の発展はその思想と業績によるところが大きい」として、経済人、ビジネスパーソンとしての渋沢栄一を高く評価しました。今回は、大河ドラマのヒーローや『論語と算盤』の著者ではなく、日々ビジネスに関わっておられる皆さんの近くに居る渋沢栄一に迫ってみたいと思います。


 
■アカデミーヒルズライブラリーのメンバー対象のイベントです■
メンバーの皆様は、下記よりお申込ください。

お申込フォーム(1/28)

お申込フォーム(2/12)



参考図書

株主指向か 公益指向か 日本型コーポレートガバナンスを求めて

青木高夫
晃洋書房

マネジメント1 務め、責任、実践

ピーター・ドラッカー
日経BP

論語と算盤

小島孝夫
角川学芸出版(発売,角川グル−プパブリッ)


渋沢百訓 論語・人生・経営

渋沢栄一
角川学芸出版

渋沢栄一

宮本又郎
PHP研究所

グローバル資本主義の中の渋沢栄一 - 合本キャピタリズムとモラル

橘川武郎, パトリック・フリデンソン
東洋経済新報社


渋沢栄一 上 算盤篇

鹿島茂
文藝春秋

サン=シモンとは何者か—科学、産業、そしてヨーロッパ

中嶋洋平
吉田書店

現代株式会社と私有財産

A.A.バーリ、G.C.ミーンズ
北海道大学出版会


講師紹介

青木 高夫 (あおき・たかお)

1956年、東京生まれ。
Hondaにて海外勤務を経た後、渉外部長、総務部長、社長付を務め、現在はFanuc顧問。海外では販社開発、国内ではルールメイキング、リスクマネジメント、インヴェスターリレーションを担当。経団連、経産省で専門課題の委員を務めた他、専修大学大学院で教鞭も取っている。
著書には「なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」「日本国憲法はどう生まれたか」「白洲次郎に学ぶビジネスの教科書」、翻訳書は「No Baggage」「仕事に追われない仕事術」「想定外」など多数。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2021年02月12日 (金)  19:00~20:00
2021年01月28日 (木)  19:00~20:00
受講料 無料
定員 各回30名

注意事項

本イベントはZOOMウェビナーによるオンライン配信です。
(PC、スマホのどちらでも参加可能です)
ご視聴用のURLは、前日にメールにてお知らせいたします。

・ご視聴時、他の参加者から顔と名前は見えません。
・PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
・下記に接続し、事前に視聴環境の確認をオススメしております。

これまでZoomにアクセスしたことのない方は、事前に以下Zoomの接続サイトをご活用ください。
zoom.us/test


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報