会員制ライブラリー

【メンバー限定 シーズナルパーティ】
World Trip ~ラオス人民民主共和国~

ライブラリーメンバー



【ライブラリーメンバー対象】 
※六本木ヒルズ・アークヒルズのメンバー限定のイベントです。ご同伴の方は参加できませんのでご注意ください。

ライブラリーメンバーは下記よりお申込ください。メンバー以外は申込できません。

メンバーお申込フォーム

日時

2020年01月30日 (木)  19:30~21:30
終了しています

内容


「ラオスにいったい何があるというんですか?」

村上春樹さんの紀行文をご存知でしょうか?
これは村上さんがラオスを旅する際に中継地のハノイで、
あるベトナム人から発せられた質問です。
しかしラオス旅行を終えた村上さんは後書きでこう語ります。

「実際に行ってみると、ラオスにはラオスにしかないものがあります。」

たしかに旅とは、そこにしかない、知らない何かに出会うこと。
今回は、みなさんにとって(恐らく)未知の国(かもしれない)ラオスを旅します。

手つかずの豊な自然や穏やかな人々、世界遺産の古都や美しい寺院など、
訪れる人を癒してくれるパワーを秘める「東南アジア最後の桃源郷」ラオス。



ラオス人民民主共和国は、東南アジアのインドシナ半島に位置し、中国、ミャンマー、
タイ、ベトナム、カンボジアの5ヵ国に囲まれた、ASEAN唯一の内陸国です。
乾季には、ラオスの国花チャンパー(プルメリア)が咲き乱れ、
人々は物腰が穏やかで笑顔を絶やさない。
フランスの植民地時代の建物が残るノスタルジックな街並みに、
ゆったりとした時間と静寂が流れています。

首都ビエンチャンの他、ラオスで最も信仰心の篤い世界遺産の街ルアンプラバンは、
外国人観光客に人気の古都で、米国や英国の新聞や観光雑誌に
「世界で一番訪問したい都市」の上位ランクインの常連となっています。

人々を惹きつける魅力が詰まったラオスを知らないのはもったいない!
じっくりとお楽しみください。







▼第1部 
日本人デザイナーから見たラオスのファッションポテンシャル

 
第1部は、2019年のラオファッションウィークで、
日本人デザイナーとして初めて参加された小野原誠さんにお越しいただき、
ラオスの秘めたファッションのポテンシャルについてお話いただきます。
 
約1週間にわたり、デザイナーやブランドが最新作を披露する
ファッションウィークは、シーズンの流行作が発信されるイベントとして
ファッション業界では最重要視されるイベントです。
パリ・コレクションやミラノ・コレクションのような世界4大コレクションが有名ですが、
ASEAN各国でもファッションのポテンシャルが高まりつつある現在、少し意外な印象
ではありますが、ラオスにおいてもファッションウィークが開催されています。
 
小野さんに、ご自身の「モトナリ オノ」ブランドの作品のご紹介を織り交ぜつつ、
ラオファッションウィークに参加しての感想や他国のファッションウィークとの比較、
これからのラオスファッションゆくえついてお話を伺います。



 




▼第2部 
ラオフードとビアラオで乾杯!

第2部は、いつものように会場を移してのラオスのフードとドリンクを
楽しみながらの交流パーティです。
 
ベトナム料理とタイ料理の中間のようで、なおかつとてもヘルシーな
ラオス料理の数々を、東南アジアで一番美味しいと評判のラオスのビール
「ビアラオ」とともにお楽しみください!
 
また、お馴染みとなったグループ対抗ラオスクイズ大会での勝利チームへの
素敵な賞品もご用意しておりますので、奮ってご参加ください!
 
今回は、事前にお申込・お支払いいただいた方へのお得なチケットも
ご用意しておりますので、お早目のお申込をおすすめします。
 
メンバーと一緒に、ラオスを旅して、飲んで、食べるラオスナイトをお見逃しなく!
 





▼開催概要

【開催日】2020年1月30日(木)
【時 間】19:30~21:30 (開場 19:00予定)
 >1部 19:30~20:25 >2部 20:25~21:30
 
【場 所】アカデミーヒルズ 森タワー49階
※会場については当日インフォメーションボードでご確認ください。
【対 象】六本木ヒルズ・アークヒルズ ライブラリーメンバー
【定 員】100名(先着順)
【参加費】2,500円(税別2,273円/事前申込・支払の場合)
     3,000円(税別2,728円/当日、現金払いの場合)
 ※簡単な料理、飲み物(アルコール含む)をご用意しております
 ※車・バイク・自転車を運転して来られた方、妊娠中や授乳中の方は、パーティーでの飲酒はご遠慮ください

【申込み】メンバーアプリよりお申込みください 
【締 切】定員になり次第終了いたします


 

  小野 原誠 (おの もとなり)
  「MOTONARI ONO」 デザイナー
 


2000年目白ファッション&アートカレッジ入学、2002年3月、卒業(2年在籍)。
02年9月、London College of Fashion Foundation(LCF)入学03年6月卒業(1年在籍)、同年9月にRoyal College of Fine Art Antwerp(アントワープ王立芸術アカデミー)に入学する(1年在籍)。
在学中にロンドンのデザイナーBora Aksu氏に出会い中退。2004SSから2006AWまでのロンドンコレクションでの氏の作品制作に携わり、2006年帰国後motonari ono設立。2008年10月08-09AW collectionよりJapan Fashion Week 参加。
10年、世界最大のファッションコンテスト「MANGO Fashion Awards」のファイナリストとして世界のデザイナー10名に選出されバルセロナでコレクション発表。
スペインの大手アパレル「マンゴ(MANGO)」が主催する2年に一度開催される世界最大規模のコンテストにて、11年10月、第一回DHLアワード受賞。
12年2月、New York Fashion Week にてLEATHER JAPANにてインスタレーション形式で作品を発表。
13年5月世界的コンペティションINTERNATIONAL WOOLMARK PRIZEの日本代表デザイナーに選出される。
14年5月INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZEの日本代表デザイナーに二度目の選出をされる。
19年9月東南アジアのラオスでの「Lao Fashion Week」に参加。






会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報