academyhills
ピープル

青木 義男(あおき・よしお)

日本大学理工学部精密機械工学科 学部次長・教授

プロフィール

青木 義男

東京都出身。日本大学大学院生産工学研究科博士後期課程修了、1986年から日本大学理工学部に勤務。1998年から1年間コロラド州立大学航空宇宙工学科にてスペースメカニクスの研究に従事。2005年より日本大学理工学部教授を務める。現在、日本大学理工学部次長(副学部長)に併せて国土交通省昇降機事故調査委員、建築設備昇降機センター理事を兼務する。専門分野は安全設計工学、複合材料力学。
2008年より宇宙エレベーター開発研究に従事、2014年に宇宙エレベーター宇宙空間実証研究が日本学術会議の超小型衛星研究開発と軌道上実証プロジェクトに採択され、STARS-Elevatorプロジェクトを開始し,2015年には文部科学省科学研究費基盤研究(A)に採択され、2018年以降の宇宙空間実証実験を目指す。
宇宙エレベーター協会フェロー、日本複合材料学会フェロー、IAC宇宙エレベーター技術委員会委員。


関連講座

2016年12月

シリーズ「大人が知りたい宇宙の話」
宇宙エレベーターで旅する未来~星新一賞受賞者が語る、宇宙開発の最前線~
講座開催日:2016年12月06日 (火)

佐藤実(東海大学理学部講師)×青木義男(日本大学理工学部教授)
ケーブルを使って宇宙を《昇り降り》する「宇宙エレベーター」の実現可能性が高まっているのをご存じですか?宇宙エレベーターでどんな宇宙旅行ができるのか、社会的、科学的、教育的な意義とは?実現までの課題は何か、日本が世界をリードするには、など「宇宙エレベーター」を専門とするお二人に具体的な事例をあげながらお話いただきます。


文化教養
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!