academyhills
ピープル

毛利嘉孝(もうり・よしたか)

社会学者、東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科教授

プロフィール

毛利嘉孝

社会学者。専門はメディア/文化研究。東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授。特に現代美術や音楽、メディアなど現代文化と都市空間の編成や社会運動をテーマに批評活動を行う。主著に『バンクシー』(光文社新書)『ストリートの思想』(NHK出版)、『文化=政治』(月曜社)、『増補 ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)、編著に『アフターミュージッキング』(東京藝術大学出版会)、共著に『コミュニケーション資本主義と〈コモン〉の探求』(東京大学出版会)等。


関連講座

2021年09月

荒谷大輔「経済のリデザイン:新しい人とものとの関係をつなぐ」
第2回:毛利嘉孝さんと「アートにおける市場原理主義」を超える
講座開催日:2021年09月17日 (金)

シリーズ「つながりを超えて~常識を再構築するカタリスト・トーク~」。カタリスト荒谷大輔さんと、
社会学者 毛利嘉孝さんがアートによる資本主義の乗り越えの可能性について語り合います。


指定なし 一般

2014年03月

レクチャーシリーズ「マルチに語るマルチなウォーホル」
第6回 「ファクトリーのウォーホル」
講座開催日:2014年03月17日 (月)

森美術館は、2014年2月1日(土)から5月6日(火・休)まで、「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」を開催します。本展は、ウォーホル作品をそのキャリアの初期から晩年に至るまで包括的に紹介する、日本では過去最大となる回顧展です。アンディ・ウォーホル美術館(米国、ピッツバーグ)の膨大な所蔵品から、絵....


カルチャー&ライフスタイル 知識・文化・アート

著作書籍

バンクシー

毛利嘉孝

光文社


会員制ライブラリー