academyhills
ピープル

勝見明(かつみ・あきら)

ジャーナリスト

プロフィール

勝見明

1952年生まれ。東京大学教養学部中退。
経済、経営分野を中心に、小売からメーカーまで、企業の成功事例を数多く取材。その本質を見抜く分析力には定評がある。

『ソニーの遺伝子』(日経ビジネス人文庫)、『鈴木敏文の「話下手でも成功できる」』(プレジデント社)、『イノベーションの本質』(野中郁次郎一橋大学名誉教授と共著、日経BP社)など著書多数。最新刊は『石ころをダイヤに変える「キュレーション」の力』(潮出版社)。


関連講座

2012年02月

講座開催日:2012年02月02日 (木)

田中 洋(中央大学ビジネススクール教授)
勝見 明(ジャーナリスト)
津田 大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
コンテンツ不足の時代からコンテンツ過剰の時代にシフトしている世界で、情報の海のなかから収集し、選別し、編集し、「意味」を与える「キュレーター」が注目されています。本講座では、新しい概念である「キュレーション」について考察します。


BIZセミナー マーケティング・PR教養

著作書籍

なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか?

勝見明

プレジデント社


なぜ、20代女子社員は超ヒット商品を生み出せたか — 「キリンフリー」大成功に学ぶ仕事術

勝見明

プレジデント社


石ころをダイヤに変える「キュレーション」の力

勝見明

潮出版社


鈴木敏文の統計心理学 - データサイエンティストを超える仕事術 (新装版)

勝見明

プレジデント社


なぜ、セブンでバイトをすると3カ月で経営学を語れるのか? 実践ストーリー編

勝見明

プレジデント社


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!