academyhills
ピープル

森村泰昌(もりむら・やすまさ)

美術家

プロフィール

森村泰昌

1951年大阪市生まれ。京都市立芸術大学卒業、同大学美術学部専攻科終了。1985年より、セルフポートレイト手法による写真作品を作り続けるいっぽう、映像作品やパフォーマンスにも展開、国内外で発表する。
近年の個展に、「エゴオブククラ東京2020—さまよえるニッポンの私」(原美術館 品川 2020)、「YASUMASA MORIMURA: EGO OBSCURA」(Japan Society ニューヨーク 2018)、「Yasumasa Morimura. The history of the self-portrait」(プーシキン美術館 モスクワ 2017)、「森村泰昌:自画像の美術史—「私」と「わたし」が出会うとき」(国立国際美術館 大阪 2016)、「Theatre of the Self」(アンディ・ウォーホル美術館 ピッツバーグ 2014)など。
近著に「美術、応答せよ!」(筑摩書房)、「自画像のゆくえ」(光文社新書)、「ほんきであそぶとせかいはかわる」(LIXI出版)など。
一連の芸術活動により2011年秋に紫綬褒章授与。2014年には「横浜トリエンナーレ2014」の芸術監督。2018年に大阪北加賀屋に「モリムラ@ミュージアム」がオープンする。 (プロフィール写真撮影:福永一夫)


関連講座

2020年12月

対論「時代を解く鍵はMだ」
―三島由紀夫没50年、今我々は何を語るのか―
講座開催日:2020年12月16日 (水)

「セルフポートレート」の手法を使い、幾度となく三島由紀夫に変身してきた森村泰昌と、哲学者小林康夫が、三島由紀夫という現象、我々に提示された訴えについて、それぞれの考察を披露し語り合います。


指定なし 一般

著作書籍

踏みはずす美術史

森村泰昌

講談社


「変わり目」考—芸術家Mの社会見学

森村泰昌

晶文社


自画像のゆくえ

森村泰昌

光文社


ほんきであそぶとせかいはかわる

森村泰昌

LIXIL出版


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!