セミナー・イベント

東洋経済インタラクティブセミナー
キャリア官僚よりも面白いキャリア

~霞ヶ関を飛び出した、若き二人の起業家に聞く~

BIZセミナー キャリア・人 教養

日時

2012年02月27日 (月)  19:00~21:00
終了しています

内容

東洋経済インタラクティブセミナーシリーズは、各界で活躍するイノベーティブな人物を招き、若手ビジネスパーソン向けに毎月開催しています。

「ただ講演を聴く」というのではなく、会場とのQ&Aを重視した、双方向性に溢れるセミナーを追求していきます。ぜひ受講者の皆様も積極的にご参加下さい。

第7回は、元キャリア官僚の起業家をゲストにお迎えします。

かつてキャリア官僚といえば、40、50代まで官庁に勤め、その後、天下りするというのが規定路線でした。しかし、ここ数年は、20、30代で霞ヶ関を飛び出し、異分野で活躍する人材も増えています。その代表例といえる二人の起業家をお招きします。

一人目のゲストは、シンクタンク「青山社中」の朝比奈一郎・筆頭代表(CEO)です。朝比奈氏は、1997年の通産省入省後、行政改革、エネルギー政策などの分野で活躍。2003年に、若手官僚とともに霞ヶ関構造改革「プロジェクトK」を設立し、代表として霞ヶ関改革のための提言を行ってきました。10年には霞ヶ関を去り、「世界に誇れ、世界で戦える日本」を作るために青山社中を設立。シンクタンク事業、リーダー塾事業、コンサルティング事業を三本柱にして、世直しに挑んでいます。

二人目のゲストは、Yo-ren Limited (游仁堂)の金田修CEOです。財務省勤務後、米国留学を経て、マッキンゼーに転職。消費財メーカー、小売業を中心に担当し、2007年には同社日本支社で最年少のパートナーに就任します。11年には、Yo-ren Limitedを設立。「中国の都市をより過ごし易く・快適にする」「海外で愛される日本のブランドを作る」などをコンセプトに、自社アパレルブランドの運営やコンサルティングを行っています。

朝比奈氏と金田氏は、なぜ霞ヶ関を去ったのか?起業家として何を目指しているのか?そして、日本復活のために、個人として国として必要なこととは何か?お二人の話を通じて、次世代リーダーに求められる力について考えます。

【 講義項目 】(予定)
・なぜ霞ヶ関を去ったのか
・青山社中で育てたいリーダー像
・中国で起業した理由
・これからの人生のビジョン
・次世代リーダーの条件
・日本復活のために必要なこと

※スピーカーより各30分ご講演頂いた後、モデレーターを含め会場の皆様とQ&Aを行います。

その他補足

当日ご参加の方限定特典として、『週刊東洋経済』6週分、送付させていただきます。当日会場にて送付先記入用紙を配布いたします。現在『週刊東洋経済』を予約購読されている方は、購読期間の延長とさせていただきます。
※本特典は、当日会場にて送付先記入用紙をご提出頂いた方のみの特典になります。

講師紹介

スピーカー
朝比奈一郎 (あさひな・いちろう)
青山社中 筆頭代表・CEO

1973年生まれ。埼玉県出身。東京大学法学部卒業。ハーバード大行政大学院修了(修士)。経済産業省ではエネルギー政策、インフラ輸出政策、経済協力政策、特殊法人・独立行政法人改革などに携わる。「プロジェクトK(新しい霞ヶ関を創る若手の会)」初代代表。経産省退職後、2010年に青山社中株式会社を設立。政策支援・シンクタンク(政策づくり)、コンサルティング業務(組織づくり)、教育・リーダー育成(人づくり)を行う。その他、自治体(三条市、那須塩原市、川崎市、沼田市、生駒市、妙高市、軽井沢町、越谷市)のアドバイザー、内閣官房地域活性化伝道師、内閣府クールジャパン地域プロデューサー、総務省地域力創造アドバイザー、ビジネス・ブレークスルー大学大学院客員教授なども務める。

すべて読む 閉じる

スピーカー
金田修 (かねだ・おさむ)
Yo-ren Limited (游仁堂) CEO

1974年神奈川県生まれ。東京大学経済学部卒業。ロチェスター大学経営大学院修了。財務省(当時大蔵省)勤務後、マッキンゼーに入社。2007年同社日本支社最年少パートナーに就任。コンサルタントとして、アジア・国内各国において、大手アパレル企業における全社成長戦略、中国生産体制再構築、日本における店舗ペレーション改革に携わる。11年にYo-ren Limited (游仁堂)を創立。

すべて読む 閉じる

モデレーター
佐々木紀彦 (ささき・のりひこ)
株式会社ニューズピックス 取締役

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。09年7月より復職し、『週刊東洋経済』編集部に所属。『30歳の逆襲』、『非ネイティブの英語術』、『世界VS中国』、『ストーリーで戦略を作ろう』『グローバルエリートを育成せよ』などの特集を担当。2012年11月「東洋経済オンライン」編集長に就任。2014年7月、株式会社ユーザベース「NewsPicks」編集長 執行役員に就任。2015年4月、株式会社ニューズピックス 取締役に就任。著書に、『米国製エリートは本当にすごいのか?』(東洋経済新報社)。2013年7月、メディア業界の今後を論じた『5年後、メディアは稼げるか?』(東洋経済新報社)を出版。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2012年02月27日 (月)  19:00~21:00
受講料 5,000円
定員 120名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
  • 東洋経済新報社
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期日:2012年2月27日(月)15:00まで

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB