セミナー・イベント

オンラインビジネスセミナー
新聞とネットの融合『日本経済新聞電子版』のビジネスモデルとは?

~日経新聞社のデジタル戦略に迫る~

BIZセミナー オンラインビジネス

日時

2010年05月18日 (火)  19:00~21:00
終了しています

内容

2009年国内広告費の総額は、インターネット広告の市場規模が新聞広告を抜いたとニュースがありました。(インターネット:前年比:101.2%、新聞広告:前年比81.4%)
そのような状況下で、新聞・雑誌・出版業界では、いかにインターネットと融合するかが一つの要となりつつあります。

当講座では、2010年3月23日に日本経済新聞社より誕生した『日本経済新聞電子版』について、ウェブサイト立ち上げから運営に携わる、デジタル編成局の小柳氏に登壇いただき、『日本経済新聞電子版』のビジネスモデルや運営方針についてご紹介いただきます。

日経新聞社は、国内の新聞社ではいち早く1996年に「NIKKEI.NET」を立ち上げ、これまでもネットを活用した情報発信やコミュニティの運営などに積極的に取り組んできました。

有料サービスである電子版では、無料ニュースサイトとして提供されていたNIKKEINET」では読むことができなかった記事も、紙媒体の朝刊・夕刊がオンラインで提供されるため全て閲覧できるほか、ネットのアーカイブ性を活かし、過去5年分の記事検索ができる機能も搭載しています。またインターフェースにもこだわり、膨大な情報からパーソナル機能によって整理した形で受け取れるなどの工夫がみられます。

マスメディア崩壊、新聞の発行部数の減少、そして有料化で苦戦が続く海外の新聞各紙の状況をみながら、今回、有料サービスとしてスタートした電子版。そのビジネスモデルや運営体制、さらにサービス提供を開始した背景や企画/開発時のエピソードもご紹介いただく予定です。

また、シリコンバレーでの取材活動も長い小柳さんに、海外メディアのインターネットへの取り組みなどの動向についてもお話をうかがいます。

ビジネス情報をタイムリーに、最適化して入手するツールとして『日本経済新聞電子版』に興味のある方はもちろん、メディアビジネスの未来について関心のあるビジネスパーソンにおすすめの講座です。


講義項目(予定)
・『日本経済新聞電子版』についてビジネスモデルの背景と可能性
・日米での新聞社の課題と取り組みの違い
・日経新聞社が考える今後のインターネット戦略
・質疑応答

(プレゼン60分、対談40分、質疑応答20分)

講師紹介

ゲスト講師
小柳建彦 (こやなぎ・たけひこ)
日本経済新聞社 編集局産業部編集委員兼デジタル編成局編成部編成委員

88年日本経済新聞社編集局入社。経済部、日経ビジネス編集部、 証券部などを経て01~03年米シリコンバレー支局、03~05年 同支局長。05~産業部ネット・メディア・通信・IT担当。 06年~編集委員。

共著に『真相ライブドアvsフジ』『米国成長神話 の崩壊』(以上日本経済新聞社刊)、訳書に『MBAマネジメント・ ハンドブック』(トッパン刊、監訳)。

すべて読む 閉じる

モデレーター
神原弥奈子 (かんばら・みなこ)
株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役

学習院大学大学院修士課程修了後、株式会社カプスを設立。1995年からウェブサイト制作に関わり、エンタテイメントからITまで、幅広いジャンルのコンテンツの企画・制作に携わる。2001年、株式会社ニューズ・ツー・ユー設立、代表取締役に就任。2002年、株式会社カプスを株式会社ニューズ・ツー・ユーに事業統合。現在、企業のニュースリリースを大手サイトに掲載する「News2uリリース」をはじめ、「News2u社長ブログ」、「News2u電子社内報」など 企業のネットPR推進の支援サービスを展開している。
自らも社長ブログである「minako's blog」で、業界動向とプライベートを日々更新する。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2010年05月18日 (火)  19:00~21:00
受講料 5,000円
定員 150名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

過去に行われたオンラインビジネス


お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジ
石倉洋子のグローバル・ゼミ
日本元気塾
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB