記事・レポート

Who is Glenn Gould? グレン・グールドとは何者だ
〈エントランス・ショーケース展示〉

更新日 : 2022年11月08日 (火)
2022年はグレン・グールド生誕90年と没後40年の節目となる年。
グールドは幼少期から優れた才能を発揮し、クラシック音楽の世界で輝かしい功績を残しました。現在でも様々なアーティストに影響を与え、世界的な人気を博しています。

今回はそんな稀代の音楽家に魅了された音楽ジャーナリスト、田中泰さんによるグールド愛に溢れた展示をご紹介します。
グレン・グールドの生涯
幼少期から晩年に至るまで類まれなる音楽性を発揮し続けたグレン・グールド。その生涯を「生誕~ニューヨーク・デビュー」「演奏活動引退まで」「引退後から晩年まで」の三つに分けて考察しています。様々な功績を世に残したグレン・グールドの生涯はどのようなものだったのか。本展示では生前の生き生きとした写真とともにお楽しみいただけます。
真剣なまなざしでこちらを見つめる姿、演奏中に頭を悩ませるその表情、あるいはユーモアあふれる仕草…どれも貴重な一枚です。
グレン・グールドの愛用品
グレン・グールドは演奏のためのこだわりがたくさんあり、その個性的な人物像で有名でした。
自身の演奏用にカスタムしたピアノの椅子、そして帽子やコートなどの徹底した防寒具。どれも演奏時のコンディションを損なわないようにこだわっているもので、彼の音楽への向き合い方が窺えます。
コンサートホールの環境が整っていないと演奏を拒否してしまう困った一面もあったとか。
グレン・グールドの美学
バッハに傾倒していたというグレン・グールドはその芸術性を極限まで高めることに心血を注いでいました。
レコード会社に猛反対されながらも録音に挑んだバッハの名曲「ゴールドベルク変奏曲」を皮切りに大ヒットを次々と世に送り出します。
ライブ演奏での一度しかないチャンスに賭けるよりも、膨大なテイクを重ね繋ぎ合わせるようにして創作する美学にこだわりを持っていました。
グレン・グールドの活動
多くの人々を熱狂させたグレン・グールドの音楽。本展示ではその熱狂的ファンのひとりである田中泰さんの貴重なコレクションを展示しています。思い出深いLPや書籍の数々が当時を懐かしむ感想と共に語られ、グレン・グールドの軌跡を知ることができます。文才にも優れていたグールドは演奏だけでなく、自身の本の中でもファンを楽しませる多才な人物でした。
グレン・グールド直筆の手紙も展示!
今回特別に、1969年にグレン・グールドからCBS・ソニーレコードに宛てられた手紙も展示しています。グールドの文章を目の前で見ることができる貴重なこの機会、ぜひご覧ください。
グレン・グールドの世界観を今のわたしたちに伝えるものはたくさん遺されています。聴覚と心に訴える音楽、そしてその人物と人生を知ることができる執筆活動。また、コンサート引退後の精力的なメディア活動も彼の人生で大きなウェイトを占めていました。
ピアノの音色だけでなく、グールドの背景や性格を知った上で作品に触れると、また違った感じ方ができるかもしれません。
今回の展示がそのきっかけとなれば幸いです。


企画・監修 田中 泰(音楽ジャーナリスト/プロデューサー)

※開催は2023年2月下旬までを予定しています


今回の展示を監修された田中泰さんによる「初心者でもわかる! 田中泰の「楽しく学ぶクラシック講座」<入門編> 」を開催します。展示と共に、より深いクラシックの世界に触れてみるのはいかがですか?
皆さまのご参加をお待ちしています。
※詳細はバナーをクリックしてください