六本木ヒルズライブラリー

1 hour talk まなびのコミュニティ・マーケットプレイスを創る

-ストリートアカデミー 教育の新しいカタチのゆくえを考える- (19:30~20:30)
【スピーカー】 藤本 崇 ストリートアカデミー株式会社 代表取締役社長

ライブラリーイベント

【六本木/アークヒルズ/平河町ライブラリーメンバー対象】
 ※マイページよりお申込みください。
 ※同伴者はご参加いただけません。
【会場】アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)

日時

2015年04月14日 (火)  19:30~20:30 
終了しています

内容

ストリートアカデミー(www.street-academy.com)とは、教えたい人と学びたい人をウェブでつなぐリアルなまなびのコミュニティ・マーケットプレイスです。

自分のスキルを人へ教えたい人は、教室やワークショップなど場所をえらばずに生徒を募集することができ、学びたい人は、好きな人や場所をえらんで手軽に学ぶことが出来る。こんなマーケットプレイス型で、スキルを共有するという新しいカタチの教育を広めることで、「身近な人から気軽に学べる社会」を築くことに挑戦しています。

創業者の藤本氏が個人で創ったウェブサイトで、10件の掲載講座と共にスタートしたストリートアカデミーは、2年半で登録講座2,000件、累積受講者1万5千人までに成長し、現在成長のペースは更に勢いを増しています。

「個人間のマッチング」という形式に対して、通常持たれる懸念「サービス・クオリティの担保」や「悪質コンテンツの排除」などについては、どう対応しているのでしょうか。
今回登壇される藤本氏は、「C to Cでも良質なコミュニティを維持することで、クオリティおよび期待値のミスマッチを担保することは可能」と言います。

藤本氏がこれまでコミュニティ作りで苦労されたポイントをお聞きすると共に、皆さんからの意見をグループワークで伺いながら、これからの時代において、「個人講師の集合体コミュニティ」が現在の教育現場の本流である法人スクールや専門学校の代替ができるのかを深く考えて行きます。



藤本 崇 氏 プロフィール




ストリートアカデミー株式会社
代表取締役社長
幼少から社会人まで通算15年をアメリカで過ごす。
米コーネル大学工学部修士課程卒、スタンフォードMBA修了。
ユニバーサルスタジオ、フェデックス、カーライルグループなどを経て、
2012年に「まなびを自由に、当たり前に」をビジョンに掲げ、
教えると学ぶをつなぐスキル共有サイト「ストリートアカデミー」を個人で創業。


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報