会員制ライブラリー
イベント

【メンバー限定 シーズナルパーティ】アカデミーヒルズライブラリー World Trip ~
インド~

ライブラリーイベント

【ライブラリーメンバー対象】 ※申込みはマイページからとなります。
※六本木/アークヒルズ/平河町ライブラリーのメンバー限定のイベントです。ご同伴の方は参加できませんのでご注意ください。

日時

2014年01月24日 (金)  19:30~21:30
終了しています

内容


メンバー交流を目的としたシーズナルパーティー“World Trip”。今回旅する国は、南アジア随一の面積と世界第2位の人口を持つ大国“インド”。12億人を超える国民は、多様な民族、言語、宗教によって構成され、カースト制度による複雑な身分制社会や貧富の差など、インドには、1つの国とは思えない複雑な文化・価値観が存在しています。


1部では、日本のマンガ「巨人の星」をインドの多種多様な人々に受け入れられるようにリメイクして、インド版アニメ「巨人の星」こと“SURAJ-The Rising Star”を製作したチーフプロデューサーで講談社インドプロジェクト・ディレクターの古賀義章氏に、『「飛雄馬」と行く現代インド』と題して、アニメの製作秘話や現地で撮影した写真をもとに、現代インドを語っていただきます。

また、2部では、インドの軽食やドリンクを楽しみながら、交流会を行います。

開催概要

【開催日】2014年1月24日(金)
【時 間】19:30~21:30(受付19時00分予定)
      一部 19:30~20:30
      二部 20:30~21:30 
【ゲスト】古賀義章(講談社 国際事業局 担当部長(インドプロジェクト・ディレクター))
【場 所】アカデミーヒルズ 森タワー49階
     ※会場については当日インフォメーションボードでご確認ください。
【対 象】六本木/アークヒルズ/平河町ライブラリーのメンバー
【定 員】100名(先着順)
【参加費】2,500円(当日受付で現金にてお支払いください)
     ※簡単な料理、飲み物(アルコール含む)をご用意しております。
     ※車・バイク・自転車を運転して来られた方、妊娠中や授乳中の方は、パーティーでの飲酒は、ご遠慮ください。
【申込み】マイページよりお申込みください 
【締 切】*定員になり次第終了いたします。


左:ニューデリーのメトロ 中央:ムンバイの「クール・ジャパン」イベント 右:July Bridge から見た夜景
 


ゲストプロフィール

中央 古賀氏


古賀義章(コガ ヨシアキ)

講談社 国際事業局 担当部長
(インドプロジェクト・ディレクター)
元「クーリエ・ジャポン」編集長





1964年佐賀県生まれ。89年、編集者として講談社入社。多種多様な異文化をバックパッキングで体感した経験を活かし、『週刊現代』や『フライデー』の編集者・記者として国内外の数多くの社会事件・災害を担当。独自の取材と切り口で活躍する傍ら、プライベートで写真を撮り続けるフォトグラファーでもある。2001年の研修留学中にフランスで出会った国際情報誌「クーリエ・アンテルナショナル」に着目し、そのコンセプトを生かした「COURRIER JAPON(クーリエ・ジャポン)」を2005年に立ち上げ、創刊編集長に就任。2010年に編集長を退任し、現在、講談社の国際事業局にてインド事業開発を担当。初の日印共同制作アニメとして注目を集めたインド版アニメ「巨人の星」こと「スーラジ ザ・ライジングスター」を企画・製作し、チーフプロデューサーを務めた。

1998年に火山災害をテーマにした写真集『普賢岳OFF LIMITS』(平凡社)、2000年にはオウム事件をテーマにした写真集『場所—オウムが棲んだ杜』(晩聲社)を発表したほか、2009年のオバマ大統領就任演説の日に世界同時撮影された「This Day 『希望の一日』」(講談社)や、東日本大震災の直後に坂本龍一とのコラボレーションで実現したチャリティーデジタル写真集「311 Tsunami Photo Project」(iTunes Store)、近著にインド版アニメ「巨人の星」の誕生秘話を綴った「飛雄馬、インドの星になれ!」(講談社)がある。



会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報