六本木ヒルズライブラリー

親と子の「伝える技術」--子どもの思考・感情とやる気を引き出す「言葉」の鍛え方--

【スピーカー】三谷宏治(K.I.T.虎ノ門大学院 教授)

ライブラリーイベント

【ライブラリーメンバー対象】※マイページよりお申込みください。

日時

2013年06月14日 (金)  19:30~21:00

終了しています

内容

【概要】
親が子どもに求めるものは、いったいなんでしょうか? 素直(~親の言うとおりやる)であることでしょうか、勉強ができることでしょうか、それとも…。

5/14刊行の『親と子の「伝える技術」』は、ベストセラー『一瞬で大切なことを伝える技術』の家庭実践編です。子どもの話す力・聴く力を、家庭で育てるための3つの習慣、
①「脱ワンワード週間」
②「1分スピーチ合戦」
③「ダイジルールでほめる」
を紹介しています。

言語能力は、思考能力と直結しています。日本語を操れるようになることで、思考も感性も、深く豊かになっていくのです。逆に言えば、単純なワンワード・コミュニケーションしかしなければ、アタマの中もそうなります。努力して、構造化して話すことをしなければ、構造的に論理的に考えることなどできません。
でも同時に、それらは楽しくなければ続きません。そのための実践手法が、①「脱ワンワード週間」、②「1分スピーチ合戦」、③「ダイジルールでほめる」なのです。
当日は、本の概要を紹介するとともに、②と③のミニ練習をおこないますので、お楽しみに。

【三谷宏治プロフィール】
K.I.T.虎ノ門大学院 教授。早稲田大学ビジネススクール・グロービス経営大学院 客員教授。1964年大阪生まれ、福井育ち。東京大学理学部物理学科卒業。INSEAD MBA修了。ボストン コンサルティング グループ勤務ののち、アクセンチュア勤務。2003~2006年にはアクセンチュア 戦略グループの統括を務める。現在、社会人教育の他、大学・高校・中学・小学校での子ども・保護者・教員向け教育を中心に活動中。年間4000人以上に「発想力」「決める力」「生きる力」をテーマに講演・授業を行っている。
永平寺ふるさと大使、放課後NPO アフタースクール、NPO法人 3keys 理事。

参考図書

親と子の「伝える技術」

三谷宏治
実務教育出版

実例で必ず身につく! 一瞬で大切なことを伝える技術

三谷宏治
かんき出版

お手伝い至上主義でいこう!

三谷宏治
プレジデント社


ルークの冒険—カタチのフシギ

三谷宏治
実務教育出版

経営戦略全史

三谷宏治
ディスカヴァー・トゥエンティワン



会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報