会員制ライブラリー
書 籍

今読むべき新刊書籍12冊 -2020年6月-

「個人が力を伸ばしていくための本」、「センスの良さと知性を兼ね備えた本」が続々と入荷している六本木ヒルズライブラリー。今月届いた本は何?

新着本からお薦め書籍をご紹介します。





   
 

新型コロナウイルス / COVID-19への対策は、世界各国でかなり異なったものとなりました。
厳しいロックダウンや外出禁止令を出した国、位置情報やクレジットカード使用履歴から感染経路を特定した国、検疫を徹底した国…。様々です。
 
その中で見えてきたのは、日本には行政や教育・医療でのITの活用等、公的機関に非常に遅れている部分があるということ。
 
ポイントとなるのは、行政と民間の連携でしょう。
たとえば、市民やNPO、企業との連携が見られず、スピードにも透明性にも欠けた経済対策には批判が高まっています。
 
米国の民営刑務所に潜入取材した『アメリカン・プリズン』と、福島第一原発の現場について書いた『ふくしま原発作業員日誌』を続けて読むと、官民の連携のあるべき姿について、より深く考えることができます。
 
社会を存在させるために必要なインフラの維持は、誰がどこまで責任を持つべきか?
スピードや効率性を保ちつつ、癒着・腐敗を防ぐための監視をどう実施するのか?
 
刑務所と原発という、あまり実態に興味を持たれない組織には、驚くべき話がたくさんあります。
私たちはこれに目をつぶったままでいいのだろうか。
知ってしまった事実と、どう向き合えばいいのか…。
 
訴える内容は重いけれど、知らないことばかりなので興味深く、面白い。
どんどん読み進めていける二冊です。
 
 

(ライブラリー・アドヴァイザー:小林 麻実



アメリカン・プリズン—潜入記者の見た知られざる刑務所ビジネス

シェーン・バウアー
東京創元社

ふくしま原発作業員日誌—イチエフの真実、9年間の記録

片山夏子
朝日新聞出版

コスモスいくつもの世界

アン・ドルーヤン
日経ナショナルジオグラフィック社

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

冨山和彦
文藝春秋

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

奥村絵里
つた書房

ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険

コーリー・スタンパー:鴻巣友季子:竹内要江:木下眞穂:手嶋由美子:ラッシャー貴子
左右社

バッティングピッチャー—背番号三桁のエースたち

澤宮優
集英社

災害に強い住宅選び

長嶋修、さくら事務所
日本経済新聞出版

世界は贈与でできている

近内悠太
ニューズピックス

世界でいちばん虚無な場所

ダミアン・ラッド
柏書房

ANKER 爆発的成長を続ける新時代のメーカー

松村太郎
マイナビ出版

ニューヨーク・タイムズが報じた100人の死亡記事

ウィリアム・マクドナルド
河出書房新社


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊