会員制ライブラリー
書 籍

今読むべき新刊書籍12冊 -2019年4月-

「個人が力を伸ばしていくための本」、「センスの良さと知性を兼ね備えた本」が続々と入荷している六本木ヒルズライブラリー。今月届いた本は何?

新着本からお薦め書籍をご紹介します。






本には2種類あります。面白い本と、面白くない本。この本は前者。読み始めるとやめられなくなるテンポの良さ。話の面白さ。看護師から小説家になった著者は、ストーリー・テリングの達人です。

そして、「なぜ人は他人に対して優しくなれるのか? 逆に言えば、なぜ他人に対して残酷になってはいけないのか?」という深い問いに対して、「わたしたち全員が人生のどこかの時点で看護されるからなのだ。そして、わたしたちがみんな、看護師だからなのだ。」と、ひとつの示唆を語ってくれます。

それってどういうこと? と思ったらぜひ読んで下さい。出版された英国では大ベストセラーになっています。





知らず知らず、「みんなと同じ」ことをすることが楽だ、ということが染みついている、私たち日本人。同調圧力の強い社会で働いていると、自分自身の心からの願いとは関係なく、「他人モード」で仕事をすることが多くなってしまうと著者は言います。

今という世界は、過去の成功体験が役に立たない時代なのだ、とわかってはいても、ではどうすればいいのか? と考えてしまう人に最適な一冊。

"「自分モード」からはじめる" 、"「妄想」とは何なのか" 、"イタレーション(反復)が「手で考える」のカギ"  というように、具体的な一歩が多く示されています。
 

(ライブラリー・アドヴァイザー:小林 麻実



わたしが看護師だったころ 命の声に耳を傾けた20年

C.ワトスン著 : 田中文 訳
早川書房

直感と論理をつなぐ思考法—VISION DRIVEN

佐宗邦威
ダイヤモンド社

ハーバードの個性学入門—平均思考は捨てなさい

トッド・ローズ : 小坂恵理
早川書房

すごい分子—世界は六角形でできている

佐藤健太郎(サイエンスライター)
講談社

いらない保険—生命保険会社が知られたくない「本当の話」

後田亨 : 永田宏
講談社

独裁の中国現代史—毛沢東から習近平まで

楊海英
文藝春秋

食べたくなる本

三浦哲哉
みすず書房

社会学史

大澤真幸
講談社

異文化理解の問題地図—「で、どこから変える?」グローバル化できない職場のマネジメント

千葉祐大
技術評論社

イレナの子供たち—2500人のユダヤ人の子供たちを救った勇気ある女性の物語

ティラー・J.マッツェオ : 羽田詩津子
東京創元社

ビッグ・クエスチョン—“人類の難問”に答えよう

スティーブン・ホーキング : 青木薫
NHK出版

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと 変化を生きる13の流儀

標葉靖子・岡本佳子・中村優希 編
東京大学出版会


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊