会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2022年5月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?




「資本主義」ってなに? と、小学生の子供に聞かれ、「市場経済で回っている、今のような世の中のことだよ」と答えたのですが、それは適した回答とは思えない、「資本主義」を問われてうまく答えられない自分がいる! それはいけない、と書店を歩いていたら目に飛び込んできた本書。「今まさに読むべき!」と一気読みでした。

改めて「資本主義」を問う本が増えています。それは資本主義そのものが揺らいでいるからでしょう。資本主義が持つ「非資本主義を前提にしなくては存在できない」という構造、それ自体が矛盾であり、その限界が世界あらゆるところで噴出しています。

言葉としては単一でも、18世紀に興った資本主義は時代とともにその姿を変え続けています。そもそも資本主義とは「あくなき利益を得るための社会制度」であり、「利潤を追求するために、常に休まず動き続ける」ものです。地球資源には限界があり、利潤の追求にも限界があります。産業資本主義から金融資本主義、暴走する資本主義、そして「資本主義のその先」を問う議論もされています。

私たちが生きる現代において当たり前のようにある、ように見える資本主義。その歴史を見ていくことで、理解の解像度を上げていくことが大事であり、次に子供に聞かれたらきちんと答えられるようにしておきたい! ところです。

(ライブラリアン:結縄 久俊)
 
 
 アカデミーヒルズのポッドキャストでも
ご紹介しています。ぜひお聞きください。




 

資本主義全史

的場昭弘
SBクリエイティブ


 

六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊