会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2021年6月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?




すぐに目に見えるものではないけれど、あの人も、あの人も、きっとあの人も、ついさっき手を洗っただろう。手を洗うのは、当たり前。その当たり前の、新しさ。
 
”こんなにじっくり自分の手を見たのは久しぶりだ”

「手洗いに関する叙事詩である」と謳う本書に連なる「手洗い」の洞察。手を洗うことに関して、そんなに深く考えたことはなかった気がする。それは真面目なのかふざけているのか。あるいは真面目にふざけて本気で遊んでいるのか。
 
”あなたの手が触れたものをよく思い出すこと”

手洗いが不可欠なエチケットとして日常的なものになってからずいぶん経つ。「マスク」は周囲に見えるけれど、「手洗い」は個人的にされるものであまり見えない。もちろん今までもマスクはしたし、手洗いもしたけれど、その頻度は変わった。以前はそこまで手洗いをしなかった気がするけど、それも曖昧になりつつある。
 
”夢の中で手を洗うことはあまりない”

連なる文章の捉えどころのなさに戸惑いながら、そういえば、少し前によく言われた「先が読めない時代=VUCA」とすっかり言わなくなったことを思い出す。それはつまり「先が読めない」のがもはや当たり前だからだ。

捉え所のなさ、わからなさが日常だからこそ、本書は「今」を読んでいる心地になる。なんだか音楽みたいな文章だ。音楽は次の瞬間にはもう、次の音が鳴っている。
 

(ライブラリアン:結縄 久俊)

新しい手洗いのために

TOLTA
素粒社


 

会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊