会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2021年12月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?




・聞いたことをあっという間に忘れる。
・無関係な話を長時間、何度もしてしまう。
・家の中で物が無くなる。

自分自身にもよくあることだなぁと思いながらも、本書を読みながら怖くなってきました。これはもしかしたら認知症のはじまりか…。


そもそも認知症とはどのようなものなのでしょう?

“「認知機能が働きにくくなったために、生活上の問題が生じ、暮らしづらくなっている状態」のこと。
そして認知機能とは、「ある対象を目・耳・鼻・舌・肌などの感覚器官でとらえ、それが何であるかを解釈したり、思考・判断したり、計算や言語化したり、記憶に留めたりする働き」のことです。“ —P.9より


本書は認知症の症例を、
「乗るとだんだん記憶をなくす ~ ミステリーバス」
「時計の針が一定のリズムでは刻まれない ~ トキシラズ宮殿」
「距離も方角もわからなくなる ~ 二次元銀座商店街」
と、遊び心に溢れたネーミング、やわらかなイラストとわかりやすいストーリーでご紹介。実際に症状がある方の体験談を交えながら、認知症に迫ります。

症状は軽度なものから生活に支障をきたすものまで様々。ひとくくりにできるものではなく、人それぞれに違います。それは誰にでも、自分にも大切な家族にも訪れるかもしれないことです。

大切なのは「周囲の理解・共感」。困っている人がいたら、寛容に受け止め、共感し、困らない手立てを考える。そして「認知症とともに生きる社会」=「認知症フレンドリーな社会」を可能にしていく。そのためにはまず、「知る」ことからです。

(ライブラリアン:結縄 久俊)

認知症世界の歩き方—認知症のある人の頭の中をのぞいてみたら?

筧裕介
ライツ社


 

六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊