会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2018年12月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?




新しく勤務してもらうことになった20歳のアルバイトさんに、ライブラリーのWebページを見てもらい、何か感じることがあったら教えてもらえないかな、とお願いしました。しばらくすると「動画がないんですね」という返答がありました。続けて、「動画がないって珍しいですね」と。
「珍しい」とはつまり、彼が日頃見ているサイトは動画があるのが当たり前で、無いことが珍しかった、ということになるでしょうか。あくまで彼ひとりに聞き、彼自身の感想なのですが、「動画が無いのは珍しい」という視点は発見でした。


今回紹介する本書は、「動画」の時代が本格的にやってくることを説く一冊。TVや映画で映像を観ることはもちろんですが、今はスマホで細切れな動画を観る時代になっています。電車の車内広告も映像化が著しく、街を歩けばデジタルサイネージの数が増えたことに気付きます。2年前に紹介した『<インターネット>の次に来るもの』で説かれていた「screening」=「生活はあらゆるスクリーンに囲まれつつある」という時代は、確実にやってきているようです。

人の自然として、視線は動いているものに目がいきます。Webサイトを開いて動画が流れれば、好む好まざるにかかわらず目が奪われ、それが個々人に最適化された商品広告であったりします。思えばそんな機会が増えていることに、気づかないうちになっています。





例えば「Tik Tok」のような動画プラットフォームで、細切れな動画に日々触れている10代の子供たち。彼ら彼女たちが量産する動画の感性はとても新しく面白いものです。そして「動画がないって珍しいですね」と言ったアルバイトさんの感性は、これからの時代の感性です。


ネット、スマホはあっという間に世界を席巻しました。同様に、動画的なものが世間に浸透する速度は、以前にも増して速いのかもしれません。
ではどうしましょう?まずは手にしているスマホで動画を撮影して編集し、できうるならば配信をしてみましょうか。

  (ライブラリアン:結縄 久俊)

 

動画2.0—VISUAL STORY‐TELLING

明石ガクト
幻冬舎

 

会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊