academyhills
ピープル

山田由佳子(やまだ・ゆかこ)

国立新美術館研究員

プロフィール

山田由佳子

1980年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科博士課程単位取得退学。専門は、
近現代美術。論文に、「フェルナン・レジェ作《トランプ遊び》—負傷兵の表象をめぐって」(『美術史』、美術史学会、2007年)、「ジャン・フォートリエの『人質』の連作再考—顔のイメージとヴェロニカの聖顔布」(『美学』、美学会、2014年)など。担当展覧会に、「『具体』—ニッポンの前衛18年の軌跡」(国立新美術館、2012年)、「チューリヒ美術館展—印象派からシュルレアリスムまで」(国立新美術館、2014年)など。


関連講座

2015年11月

「ニキ・ド・サンファル展」ができるまで

【アートトーク】国立新美術館 Presents

「ニキ・ド・サンファル展」ができるまで
講座開催日:2015年11月23日 (月)

国立新美術館で開催中の「ニキ・ド・サンファル展」ができるまでにどのような歩みをたどったのかを、展覧会の内容を紹介しながらお話しします。

2014年11月

講座開催日:2014年11月24日 (月)

モネ、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソ、モンドリアンなど、モダニズムを牽引した画家たちの達成を辿ると同時に、西洋近代美術の歴史を追います。

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!