academyhills
ピープル

錦田剛志(にしきだ・つよし)

島根県神社庁参事

プロフィール

錦田剛志

島根県神社庁参事。島根県立古代出雲歴史博物館の学芸員を経て、現在は出雲を訪れた神様たちが最後に直会(神様の宴)を執り行う万九千(まんくせん)神社の宮司。伊勢神宮、出雲大社の両社に造詣が深く、また、ユーモラスな語り口で難しい言葉の多い神様の世界をわかりやすく解説してくださる。著書に『出雲大社ゆるり旅』(ポプラ社)ほか


関連講座

2013年08月

日本の魅力、再発見:Discover Japan
伊勢神宮と出雲大社に、今年参拝したい本当の理由。
講座開催日:2013年08月20日 (火)

20年に一度の式年遷宮を迎える伊勢神宮。約60年に一度の式年造替を終えた出雲大社。今年、遷宮に注目が集まり、この2社は例年以上の参拝者を迎えて賑わいを見せています。そこで、今回のセミナーでは、日本人に愛される伊勢神宮と出雲大社は、何が特別なのか? 伊勢が日本人の総氏神、出雲が神様の故郷といわれる由縁とは? 日本人なら知っておきたい、伊勢と出雲の基本のキを、島根県神社庁の錦田剛志さんに語っていただきます。


教養文化キャリア・人

おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!