academyhills
ピープル

渡部恒雄(わたなべ・つねお)

東京財団 ディレクター(政策研究)/上席研究員

プロフィール

渡部恒雄

1963年福島県生まれ。
1988年、東北大学歯学部卒業、歯科医師となるが、社会科学への情熱を捨てきれず米国留学。
1995年ニューヨークのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士課程修了。同年、ワシントンDCのCSIS戦略国際問題研究所に入所。客員研究員、研究員、主任研究員を経て2003年3月より上級研究員として、日本の政党政治、外交安保政策、日米関係およびアジアの安全保障を研究。
2005年4月に帰国。三井物産戦略研究所主任研究員を経て、2008年10月に東京財団に参加。2009年4月より現職。
2010年3月までテレビ朝日系報道番組「サンデープロジェクト」のレギュラーコメンテーター。2010年5月から2011年3月まで外務省発行雑誌「外交」の編集委員。
現在、CSIS戦略国際問題研究所の非常勤研究員、沖縄平和協力センターの上席研究員を兼任。

1997年11月、「シビルミリタリー関係の向上で空気支配を防げ」で読売論壇新人賞佳作入選。単著には、「いまのアメリカがわかる本」(2007年 三笠書房)、共著には、「アメリカ政治を支えるもの」(2011年 日本国際問題研究所)、「米軍再編と日米安全保障協力:同盟摩擦の中で変化する沖縄の役割」(2008年 福村出版)等。

朝日新聞、読売新聞をはじめ、様々なメディアにて日米関係、安全保障関連、日本外交についての情報発信を行っている。


著作書籍

2025年米中逆転—歴史が教える米中関係の真実

渡部恒雄

PHP研究所


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!