academyhills
ピープル

角井亮一(かくい・りょういち)

物流コンサルタント/株式会社イー・ロジット代表取締役

プロフィール

角井亮一

1968年10月25日大阪生まれ、奈良育ち。現在、東京秋葉原に在住。上智大学経済学部経済学科で、ダイレクトマーケティング学会初代会長の田中利見先生のゼミに所属し、3年で単位取得終了し、渡米。ゴールデンゲート大学からマーケティング専攻でMBA取得。帰国後、船井総合研究所に入社し、小売業へのコンサルティングを行い、1996年にはネット通販参入セミナーを開催した。その後、光輝物流に入社し、物流コンサルティングを実施した。2000年2月14日、株式会社イー・ロジット設立、代表取締役に就任。イー・ロジットは、現在270社以上から通販物流を受託する国内NO1の通販専門物流代行会社であり、200社の会員企業を中心とした物流人材教育研修や物流コンサルティングを行う。またライトヴァンというアーティストグッズ販売やファンクラブ運営を行う会社を経営し、2015年、再配達撲滅するための生活アプリを開発するウケトルを立ち上げ、タイではSHIPPOPという物流IT企業をタイ最大のネット通販会社Tarad.com創業者のPawoot (Pom) Pongvitayapanuと共同で立ち上げた。現在、日本語だけでなく、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語でも書籍を累計22冊以上出版する。なお、「日経文庫 物流がわかる」は、英語翻訳('Strategic Logistics in Japan Complete Edition')され、「日経文庫 オムニチャネル戦略」も、'OmniChanel Strategy in the U.S. and Japan'、「アマゾンと物流大戦争」は、'Amazon: A Comparative Analysis of U.S. and Japan Logistics'というタイトルで英語に翻訳された。


関連講座

2017年10月

講座開催日:2017年10月16日 (月)

都市は思考する〜IoTで進化を迫られる物流と都市の将来像〜
角井亮一(物流コンサルタント) × 藤村龍至氏(建築家)
私たち都市生活者がどのように日常行動をするのか、そのあり方によって、都市は刻々と変化を続ける。そんなふうに “都市”について考えたことはあるでしょうか?
今や生活インフラとなったアマゾンをはじめ、オンラインで注文した商品が、即時に出荷される配送サービスの運用背景には、きめ細やかな物流ネットワークの存在を無視してはいけません。日常行動により変貌を遂げる都市の将来像について、特別な視点で探ります。


アカデミーヒルズセミナー 建築・デザインオンラインビジネス政治・経済・国際

著作書籍

オムニチャネル戦略

角井亮一

日本経済新聞出版社


アマゾンと物流大戦争

角井亮一

NHK出版


物流大崩壊

角井亮一

宝島社


物流大激突—アマゾンに挑む宅配ネット通販

角井亮一

SBクリエイティブ


アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!