会員制ライブラリー

【アペリティフ・ブックトーク 第36回】
「鄙〔ひな〕」、そは‘たましい’の故里 (19:15~20:45)

【スピーカー】澁川 雅俊 (ライブラリーフェロー)

ブックトーク

【ライブラリーメンバー・一般対象】事前のお申込みは不要です。当日会場へお越しください。
※ライブラリーメンバー以外の方もビジターチケット(2,000円)にて、参加いただけます。
【会 場】アカデミーヒルズ (六本木ヒルズ森タワー49階)

日時

2015年07月10日 (金)  19:15~20:45
終了しています

内容



【内容】

この文字を使う言い回しでは「鄙〔ヒナ〕にも稀な美形」ぐらいしか思い付きませんが、その字義は、古くは‘天子のおわした’「都」から遠く離れた「田舎」のことです。
「都鄙〔トヒ〕」は対語ですが、結合させると、それぞれの差異により関心が向けられます。

たとえば都会人は田舎の自然の濃さに癒され、田舎人は都会に刺激を求めます。
しかしこれらの対語には‘無いものねだり’のかかわりだけでなく、例えば最近の政策用語〈地域創生〉のように、国の全体も暗示することもあります。




会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報