会員制ライブラリー

《森美術館アソシエイト・キュレーター・徳山拓一が解説!》
現代アートの今を見せたい!六本木クロッシング2019展鑑賞ツアー
@森美術館(18:50~20:00)

ライブラリーイベント

【 会 場 】森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
【集合場所】森タワー3F 森美術館インフォメーション
【集合時間】18:50 
【鑑賞時間】19:00~20:00 
◇鑑賞後キュレーターを囲んだ有志での懇談会(参加費500円)を30分程度で予定しております。
お時間に都合がつく方はご参加ください!
 
・集合時間に遅れた方の途中からの参加はお断りしております。
・ご欠席の場合は事前のご連絡をお願いいたします。
・受付時に会員証の提示をお願いいたします(会員証の無い方は参加いただけません)。
・参加費(1,000円・税込)は受付の際に頂戴いたします。 釣銭のいらぬよう、ご準備をお願いいたします。
・MAM年間パスポートをお持ちの方は参加費はかかりません。パスポートを提示ください。
・参加定員30名限定のイベントです。募集は定員になり次第終了とさせていただきます。 

日時

2019年05月16日 (木)  18:50~20:00
終了しています

内容



新たな「つながり」を通して、「日本の今」に向き合う

「六本木クロッシング」は森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年以来開催してきたシリーズ展です。第6回目の開催となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターで共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介します。

「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は、現代の表現を通して見えてくる「つながり」に注目します。さまざまなテクノロジーの進化により、私たちの生活が便利になる一方で、それに起因する新たな問題も浮かび上がっています。価値観の多様性が認められる一方で、オープンであるはずのインターネットが、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出してしまう問題、偏った政治観による軋轢や経済格差など、さまざまな「分断」が顕在化しているようです。

こうしたなか、対極のものを接続すること、異質なものを融合すること、本来備わっている繋がりを可視化することなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示します。それらは現代社会に対する批評的な視点や発想の転換でもあり、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれません。

今回は、本展担当キュレーターの一人である德山拓一氏に解説を依頼。新たな「つながり」を通して、「日本の今」に向き合うことについて考える、有意義な機会となることを期待します。
 




■アカデミーヒルズ会員制ライブラリーのメンバー対象のイベントです■
ライブラリーメンバーはメンバーアプリもしくは下記よりお申込ください。

お申込フォーム




  徳山 拓一
(とくやま ひろかず)
  森美術館 アソシエイト・キュレーター
 


静岡県生まれ。2012年より京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで学芸員として勤め、2016年4月より森美術館に勤務。森美術館では「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」(2018年)、「SUNSHOWER: 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」(2017年)を担当。「アジア回廊 現代美術展」(2017)キュレーター。
平成27年度京都市芸術文化特別奨励者。東京都在住。



会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報