会員制ライブラリー
書 籍

今読んでおくべき最新書籍16冊 -2014年5月-

「個人が力を伸ばしていくための本」「センスの良さと知性を兼ね備えた本」が続々と入荷されるライブラリー。
今月届いた本は何? 新着本からお薦め書籍をご紹介します。




ゴールデンウィークは終わってしまいましたが、夏休みまではまだ遠い…。そんな少しブルーな気分を吹き飛ばすために、スリリングな金融サスペンスはいかがでしょう?

世界情勢や金融界をシニカルに見つめる著者の視点は、それだけでも日本と海外の違いを教えてくれるもの。世界を駆け巡り、テンポよく展開していくストーリーは、読み始めると止まらなくなってしまいますよ。







世界と日本の違いを痛感することの一つに、企業や国家のリーダー層のスピーチがあります。
いまだに書いたものを読み上げるようなスピーチも見られる日本とは異なり、公の場で、明確に話す力が求められる諸外国。
政財界の権力者や魅力的な人々が集うダボス会議は、その頂点と言われています。

「トップリーダーたちの話術の8割は、言葉を超えたメッセージである」という著者の主張には、素直にうなずけます。







壮絶ないじめを受ける東京の帰国子女の日記を、カナダの西海岸で拾った女性作家。
読み進むうちに少女の日常や考え、周囲の状況に取り込まれていくのですが…。

日本とカナダ、過去と現在がつながりあう物語は、ブッカー賞と全米批評家協会賞の最終候補にもなりました。
壮大な世界観が私たちをひきつけます。

(ライブラリーアドバイザー:小林 麻実)



タックスヘイヴン

橘玲
幻冬舎

ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術 - 言葉を超えたメッセージの戦い

田坂広志
東洋経済新報社

あるときの物語 上

ルース・オゼキ【著】, 田中文【訳】
早川書房

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。—コンサルタントはこうして組織をぐちゃぐちゃにする

カレン・フェラン【著】,神崎朗子【訳】
大和書房

「働く」を再起動する

ミッチ・ジョエル【著】, 村上彩【訳】
阪急コミュニケーションズ

なぜ、「異論」の出ない組織は間違うのか

宇田左近
PHP研究所

100億円を引きよせる手みやげ

越石一彦
総合法令出版

マッキンゼー流入社1年目ロジカルシンキングの教科書

大嶋祥誉
SBクリエイティブ

引きずらない人は知っている、打たれ強くなる思考術

豊田圭一
クロスメディア・パブリッシング

やってはいけない相続税対策と遺産分割

龍前篤司, 山崎隆
ファ−ストプレス

サムスンの真実—告発された巨大企業

金勇〓,金智子
バジリコ

記者たちは海に向かった

門田隆将
KADOKAWA

レジリエンスビルディング—「変化に強い」人と組織のつくり方

ピースマインド・イープ株式会社
英治出版

成功のための未来予報

神田昌典
きずな出版

外資系金融のExcel作成術

慎泰俊
東洋経済新報社

熟成肉—人気レストランのドライエイジングと料理

柴田書店
柴田書店


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊