会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2021年2月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?




ひきこもるとは、同じ場所にじっといて、出ないこと。

自らの意思、あるいは致し方ない事情により、部屋・空間にひきこもる12の物語。望む望まないにかかわらず、出られない状況において人はどのように過ごし、いかなる心情を抱くのでしょうか。

たとえば萩原朔太郎による、病気のために部屋から出られなくなる『病床生活からの一発見』。
ずっと部屋にいる状況は暇で仕方ないだろうと思われますが、健康な時に感じていた「何もすることがない」退屈感は、不思議とどこかへ行ってしまう。
暇を埋めるようにスマホの画面をスワイプする私たちが忘れつつある、物事にじっくりと対峙すること、時間をかけて何かを眺め続けること。それらはひきこもることで見えてくる事柄。


コロナ禍において感染症拡大を阻止するためのステイホーム。家に居ることを推奨する社会状況は、「ひきこもる」という言葉自体の意味を変えてしまったように思われます。

(ライブラリアン:結縄 久俊)

ひきこもり図書館

頭木弘樹
毎日新聞出版


 

会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊