会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2020年1月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?



みなさんにとって「仕事」とはなんですか。「本を読む」とはなんでしょう。「本当に好きなこと」について、自身に深く問いかけたことはありますか。

それらはみな別々のことですが、本書においては1本の線でつながっています。著者である島田さんは、本当に好きなことについて自身に問い、それは「本」にまつわることであるとし、33歳で「夏葉社」という出版社をひとりで立ち上げます。「ひとり出版社」として、編集・営業・事務・発送・経理、すべて自分の手で行うことを生業としています。

効率や生産性を重視した、短距離走めいたビジネスを強いられがちな現代。次々と新しい本が出版されていく中で、沢山売れる本を作るのではなく、「大変だけれども確実に、職人のように心を込めて本を作る」こと。テクノロジーが進むことで生まれたり無くなったりする仕事はあれど、不変なことは、ひとつひとつの仕事に丁寧に向き合い、次へと渡していく心がけ。

そのためにも本を読む。本を読んでは自身に問いかける。果たして自分の仕事は、目の行き届く範囲でできているだろうか?と。

「本を読むということは、現実逃避ではなく、身の回りのことを改めて考えるということだ。自分のよく知る人のことを考え、忘れていた人のことを思い出すということだ」

具体的な誰かを思い、誰かひとりの心に届くように一冊の本を作り上げる。そこにはひとつひとつの仕事に出会う「新鮮さ」があります。

手にした本そのものから、著者の人柄が伝わってくる一冊。「仕事」という言葉が、新たな意味を帯びる心地がします。



  (ライブラリアン:結縄 久俊)


古くてあたらしい仕事

島田潤一郎
新潮社


 

会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊