academyhills
ピープル

佐渡島庸平(さどじま・ようへい)

株式会社コルク 代表取締役社長

プロフィール

佐渡島庸平

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、週刊モーニングで連載中の『インベスターZ』(三田紀房)、月刊フィール・ヤングの新連載『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)の編集を担当している。


関連講座

2014年06月

日本の魅力、再発見:Discover Japan
日本人が知らない「マンガ」の力
講座開催日:2014年06月24日 (火)

幅允孝(BACH(バッハ)代表 / ブックディレクター)/佐渡島庸平 (株式会社コルク 代表取締役社長)
日本のマンガ文化はいま、百花繚乱の時代。日本人は世界でも類を見ないマンガ好きの人たちです。しかし、いまやマンガは日本だけのものではありません。いまや”クールジャパン”の代表としてのコンテンツ力をもっているマンガと、なぜそれが世界で受けるのか---その理由を、無類のマンガ好きでもあるブックディレクターの幅允孝氏、そしていままでに『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』など、様々なヒット作を手掛けてきた、コルクの佐渡島庸平氏に語っていただきます。


教養文化キャリア・人

2012年11月

「ドラゴン桜」「宇宙兄弟」トップ編集者の仕事術

~コンテンツ業界の主役、ヒット漫画はこうして創る~

講座開催日:2012年11月05日 (月)

佐渡島庸平(株式会社コルク 代表取締役社長)
編集者として数多くのヒット作を手がけきた佐渡島氏に、ヒット作を生むために大事なことは何か?「努力なくして成功なし」と考える佐渡島氏が地道に取り組んできたこととは何か?そして、起業してどんなチャレンジをしようとしているのか?「編集者」「起業家」という2つの立場からお話し頂きます。


BIZセミナー ビジネススキルキャリア・人

著作書籍

ぼくらの仮説が世界をつくる

佐渡島庸平

ダイヤモンド社


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!