academyhills
ピープル

アグネス・チャン(アグネス・チャン)

歌手・エッセイスト・教育学博士

プロフィール

アグネス・チャン

香港生まれ。1972年「ひなげしの花」で日本デビュー。一躍、アグネス・ブームを起こす。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。‘84年国際青年年記念平和論文で特別賞を受賞。‘85年北京チャリティーコンサートの後、エチオピアの飢餓地帯を取材、その後、芸能活動のみでなく、ボランティア活動、文化活動にも積極的に参加する。‘89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。‘94年教育学博士号(Ph.D)取得。‘98年、日本ユニセフ協会大使に就任。以来、タイ、スーダン、東西ティモール、フィリピン、カンボジア、イラク、モンドバ共和国と視察を続け、その現状を広くマスコミにアピールする。2000年には本格的に歌手活動を再開、シングル「この身がちぎれるほどに」は20万枚のヒットを記録。2005年には「ペスタロッチー教育賞」を受賞。2006年「Forget Yourself」で全米歌手デビュー。2007年にはポップス歌手としては世界初となる、北京人民大会堂でのリサイタルを行う。2008年、全国112ヶ所に及ぶコンサートツアー「世界へとどけ平和への歌声」を成功させ、第50回日本レコード大賞の特別賞を受賞。
 現在は、芸能活動ばかりでなく、エッセイスト、目白大学教授(客員)、日本ユニセフ大使など、知性派タレント、文化人として幅広く活躍している。

著書   「みんな地球に生きるひと/Part1~Part3」(岩波ジュニア新書)
     「「みんな未来に生きるひと」(旬報社)
     「この道は丘へと続く」(共同通信社)
     「わたしが愛する日本」(かもがわ出版)
     「小さな命からの伝言」(新日本出版社)
     「アグネス流エイジング薬膳デトックス」(家の光協会)
     「マザーテレサ26の愛の言葉」(主婦と生活社)
     「アグネス・チャンの命を育むスープ」(主婦の友社)
     「アグネスのはじめての子育て」(近代映画社)
     「そこには幸せがもう生まれているから」(潮出版)
     「東京タワーがピンクに染まった日」(現代人文社)        など多数
CD
アルバム 「ロスト・アンド・ファウンド」
     「世界へとどけ 平和への歌声」~ピースフルワールド~
シングル 「そこには幸せが もう 生まれているから」
     「ピースフル・ワルード」
     「朗らかに」
     「この良き日に」、「一人にはしないから」


関連講座

2009年06月

講座開催日:2009年06月26日 (金)

アグネス・チャン(歌手・エッセイスト・教育学博士)
1972年に来日し、デビューしてから一躍人気歌手となったアグネス・チャン氏。芸能分野以外にも大学教授、日本ユニセフ協会大使など、世界を舞台に幅広くご活躍される中で考えてきたことについてお聞きします。


BIZセミナー 文化教養

著作書籍

スタンフォ−ド大に三人の息子を合格させた50の教育法

アグネス・チャン

朝日新聞出版


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!