academyhills
ピープル

北康利(きた・やすとし)

作家

プロフィール

北康利

1960年12月24日名古屋市生まれ。
東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ銀行財務開発部長等を歴任。2008年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。現在、PHP総合研究所「次代を考える東京座会」メンバー。
著書に『ABS投資入門』(シグマベイスキャピタル)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』(講談社)、『子どものための偉伝人 福沢諭吉』『同行二人 松下幸之助と歩む旅』『匠の国日本 職人は国の宝、国の礎』『蘭学者川本幸民 近代の扉を開いた万能科学者の生涯』『九鬼と天心 明治のドンジョアンたち』(いずれもPHP研究所)等


関連講座

2009年04月

今、日本が大切にすべき“プリンシプル”を考える

~『白洲次郎 占領を背負った男』著者北康利、竹中平蔵が白洲次郎を語る~

講座開催日:2009年04月07日 (火)

戦後の激動の時代に、日本に誇りを持ち、日本のために自分の役割を誠実に全うした白洲次郎の「生き方」から、我々は多いに学ぶことができるのではないでしょうか。
今回は北康利氏と竹中平蔵アカデミーヒルズ理事長が「今の日本人に求められる“プリンシプル”とは何か」を、白洲次郎の生き方から議論します。


BIZセミナー その他

著作書籍

白洲次郎占領を背負った男

北康利

講談社


レジェンド伝説の男白洲次郎

北康利

朝日新聞出版


吉田茂 ポピュリズムに背を向けて

北康利

講談社


吉田茂の見た夢 独立心なくして国家なし

北康利

扶桑社


日本を創った男たち—はじめにまず“志”ありき

北康利

致知出版社


小林一三—時代の十歩先が見えた男

北康利

PHP研究所


佐治敬三と開高健最強のふたり

北康利

講談社


胆斗の人太田垣士郎

北康利

文藝春秋


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!