academyhills
ピープル

菅谷義博(すがや・よしひろ)

エンプレックス株式会社 取締役 兼 最高ソフトウェア開発責任者

プロフィール

菅谷義博

1969年静岡県生まれ。
13歳でBASICと機械語によるプログラミングを独学でマスターし、以後現在まで技術専門誌に寄稿多数。
明治大学法学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア(株))に入社し鉄道会社基幹システム構築等を経て、1996年12月エンプレックス(株)を設立、取締役に就任。
その後大手プリンタメーカーでのオンデマンドプリンティングシステム構築、大手自動車メーカーでのインターネット対応カーナビ向けコンテンツ開発等のプロジェクトを行った後、「eMplex CRM」の開発責任者に就任。
現在はエンプレックス(株)最高ソフトウエア開発責任者として、同社のパッケージソフト開発全体を統括。
著書に『80対20の法則を覆す「ロングテールの法則」』(東洋経済新報社)。


関連講座

2006年05月

講座開催日:2006年05月17日 (水)

ロングテールの法則とは、米Wired誌の編集長であるクリス・アンダーソン (Chris Anderson) によって提唱され始めたインターネットの特性を最大限に利用したマーケティング手法である。 従来、オフラインでは、特定の分野における売上は、上位の20%が全体の80%を占めると言われ、マーケティン....

著作書籍

仕事は1日30分!

菅谷義博

東洋経済新報社


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!