academyhills
ピープル

吉藤健太朗(よしふじ・けんたろう)

ロボット・コミュニケーター/分身ロボットアーティスト
株式会社オリィ研究所 代表取締役所長

プロフィール

吉藤健太朗

奈良県葛城市出身
小学5年~中学3年まで不登校
高校の3年間、ものづくりの巨匠、久保田憲司師匠に師事し、行った電動車椅子の新機構の発明により、国内最大の科学コンテストJSECにて文部科学大臣賞、世界最大の科学コンテストIntel International Science and Engineering FairにてGrand Award 3rd を受賞、その後寄せられた相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。

高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした分身ロボットの研究開発を独自のアプローチで取り組み、自分の研究室を立ち上げ、2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表、ほか AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶアジアを代表する青年30人「30 Under 30 2016 ASIA」など。


関連講座

2017年09月

「分身ロボット」がつなぐ未来

~人工知能にはできない「孤独の解消」を目指す~

「分身ロボット」がつなぐ未来
講座開催日:2017年09月11日 (月)

今回のビジネス・チャレンジ・シリーズでは、分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を開発する吉藤健太朗氏をゲストにお招きします。町工場との協働で「OriHime」を製品化させてきた吉藤氏に、独自にビジネスを開拓してきた経緯をお話いただくことで、新しいビジネスを始める上でのヒントを得ます。


未来 キャリア・人

著作書籍

「孤独」は消せる。

吉藤健太朗

サンマーク出版


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!