アカデミーヒルズスクール
イベント

実践・不動産バリューアップシリーズ 特別編
“創エネ時代”の不動産エネルギー革命 第2回

ゼロ・エネルギー・ビル/住宅(ZEB/ZEH)を支える技術革新最前線

"最前線"講座 不動産

日時

2012年07月30日 (月)  19:00~21:30
終了しています

内容

未曾有の大災害をもたらした東日本大震災は、我々日本人のエネルギー消費に対する意識を一変させるとともに、“エネルギー源の偏りは国の存亡に係る”という危機意識を強く共有させるに至りました。

そしてこの意識転換は、“エネルギー源の多様化”に向けた取り組みを日本中に急展開させ、大規模太陽光発電、海上風力発電、地熱発電、小規模水力発電など、“エネルギーの地産地消化”をも視野に入れた様々な発電方式の事業化を加速させているのはご存じのとおりです。

このような動きの中で、年間をつうじて一定の温度を保つ「地中熱・地下水(井戸水)」や膨大に降り注ぐ「太陽光・太陽熱」などを新たなエネルギー源として、建築物のエネルギー収支(消費・生産)を「実質ゼロ」に近づけるための様々な新技術が、既に実用段階に入っていることをご存じでしょうか。

今回の「実践・不動産バリューアップシリーズ」は、これまでの不動産投資マネジメント論から少し離れた特別編として、既に実用段階に入っている新エネルギー技術をフル活用した“ゼロ・エネルギー・ビル/住宅(ZEB/ZEH)”の最前線を追跡します。

シリーズ第2回は、ゼロ・エネルギー・ビル/住宅(ZEB/ZEH)を支える技術として注目の「地中熱」と「太陽電池パネル」について取り上げ、3名のゲスト講師をお迎えします。

自然エネルギーは不安定さが指摘される中、「地中熱」は大気の温度変化の影響を受けにくく安定供給が可能です。また、国内の多くの場所で利用できるという利点もありますが、まだ一般の認知度は高くありません。国内の大型施設では、愛知万博瀬戸日本館や羽田空港の新国際線ターミナル、東京スカイツリーなどに導入されています。また、一般住宅でも徐々に導入され始めています。
地中熱については、特定非営利法人 地中熱促進協会 理事長の笹田政克氏に「地中熱ヒートポンプ冷暖房システム」の底力と可能性について、㈱ジオパワーシステム社長橋本真成氏に、既に1000件を超えて導入が進む「地熱の家」についてお話し頂きます。

太陽電池パネルでは、30年以上前から研究をスタートさせ、激しいコスト競争、生存競争の中「国産メーカー最後の砦」と称されるソーラーフロンティア株式会社の執行役員 技術本部長栗谷川悟氏をお迎えします。

ゲスト講師から各40分づつご講演頂きました後、会場からの質疑のお時間になります。ぜひ皆様積極的にご参加ください。

--------------
 カリキュラム
--------------

(1)どこまで広がる「地中熱」利用
~切り札としての「地中熱ヒートポンプ冷暖房システム」の底力と可能性~
特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会 理事長 笹田政克氏

(2)“ゼロ・エネルギー・住宅(ZEH)”の切り札“地下5mの地中熱で快適空調・換気”
~既に1,000件が稼働する「地熱の家」とは一体何だ?!~
株式会社ジオパワーシステム 社長 橋本真成氏

(3)「太陽光発電のエコノミクスは発電量が決める」
~メイドインジャパンが作り出す新たなソリューション~
ソーラーフロンティア株式会社 執行役員 技術本部長 栗谷川悟氏(予定)
※(3)は登壇者が栗谷川悟氏から変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さいませ。

(4)質疑応答

講師紹介

ゲスト講師
笹田政克 (ささだ・まさかつ)
特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会 理事長 

1977年 東京教育大学大学院博士課程修了 (理学博士)
1977年 通商産業省工業技術院地質調査所
1979年 通商産業省工業技術院サンシャイン計画推進本部
1983年 米国地質調査所研究員
1991年 NEDO地熱調査部第二課長
2000年 通商産業省工業技術院地質調査所地殻熱部長
2001年 産業技術総合研究所能力開発コーディネータ、深部地質環境研究センター長
2005年 芝浦工業大学非常勤講師(現在に至る)
2007年 産業技術総合研究所退職、研究参与、参与、研究顧問(現在に至る)
2008年 応用地質株式会社技術参与、技術顧問、顧問(社外、現在に至る)
2007年 日本地熱学会副会長(2期4年)
2009年 NPO法人地中熱利用促進協会理事長 (現在に至る)
2009年 環境省環境技術実証調査ヒートアイランド対策技術分野検討会委員(3年間)

すべて読む 閉じる

ゲスト講師
橋本真成  (はしもと・まさなり)
株式会社ジオパワーシステム 代表取締役社長

1994年福岡大学商学部卒業
1994年(株)東光工業入社
2001年(株)ジオパワーシステム取締役専務
2004年(株)ジオパワーシステム“地中熱利用換気システム”「環境大臣賞受賞」
2005年(同)「世界百選の環境技術 愛・地球賞」受賞
2007年(同)「グッドデザイン賞及びエコプロダクツ大賞審査委員長特別賞」受賞
2008年(株)東光工業代表取締役
2008年(株)ジオパワーシステム代表取締役社長
2009年 「ニッポン新事業創出大賞」アントレプレナー部門最優秀賞受賞

すべて読む 閉じる

ゲスト講師
栗谷川悟 (くりやがわ・さとる)
ソーラーフロンティア株式会社 執行役員 技術本部長

1986年 東海大学院工学部修士課程修了、昭和シェル石油(株)入社
1988年 太陽電池事業部にて太陽電池の開発に従事
1991年 米国Siemens Solar Industries にCIS 太陽電池開発の客員研究員として派遣
1993年 中央研究所(厚木)にてCIS 太陽電池開発に従事
1996年 開発部にてCIS 太陽電池、その他新規開発技術の事業化に従事
1998年 新エネルギー・産業技術総合開発機構出向 国家プロジェクトとしての太陽電池技術開発計画の立案・実行に従事
2001年 中央研究所(厚木)にてCIS 太陽電池の量産化技術開発に再従事
2009年 ソーラーフロンティア(株)厚木リサーチセンター長
2010年 執行役員技術本部長就任

すべて読む 閉じる

モデレーター
信田直昭 (しだ・なおあき)
Shidaインベストメント&マネジメント代表

東京工業大学大学院社会開発工学専攻修了。森ビル入社、住信基礎研究所東京研究本部主任研究員を経て、平成10年にスペース・ジー・ネット・コンサルティング設立に参加。平成20年よりShidaインベストメント&マネジメント代表および信田商事(株)不動産経営管理部門 取締役に就任、現在に至る。主な著書に「オフィス白書2001年のオフィスマーケット」(株)住信基礎研究所編・ぎょうせい刊、「キャッシュフロー時代のビル経営」住宅新報社刊、「オンリーワン時代の不動産マネジメントビジネス(共著)」住宅新報社刊ほか多数。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2012年07月30日 (月)  19:00~21:30
受講料(税込) 10,000円
定員 50名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期日:2012年7月30日(月)15:00まで

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



未来自分会議
六本木アートカレッジ
日本元気塾 卒塾生座談会 公開中
HIP