アカデミーヒルズスクール
イベント

日本元気塾セミナー
100%再生可能エネルギーシフトは実現できるか?
ドイツ映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』上映会

~カール-A. フェヒナー監督 来日記念トークセッション~

日本元気塾 政治・経済・国際 環境

日時

2012年01月17日 (火)  19:00~21:30
終了しています

内容

2011年6月、脱原発法案を閣議決定したドイツ。2022年までに国内にある17基の原発をすべて停止し、自然エネルギーや火力発電で代替するという決定は、世界を驚かせました。

本セミナーでは、この決定に影響を与えたというドイツのドキュメンタリー映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』を上映します。
この映画は2010年のドイツで最も観られたドキュメンタリー映画であり、3.11東日本大震災後の5月、ドイツでテレビ放映された際には200万人が視聴したと言われています。映画の目的は、再生可能エネルギー(太陽エネルギー、風力、水力、地熱エネルギー)についての知識を広めること、その可能性を人々に分かりやすく伝えること。映画の中では、著名な環境活動家やノーベル賞受賞者ムハマド・ユヌス氏らによって、これから30年以内に100%再生可能エネルギーへのエネルギーシフトが実現できるということを、様々な角度から分析し、紹介しています。

このたびは、カール-A. フェヒナー監督の来日にあわせ、まず参加者の皆さん全員でこの映画を鑑賞し、上映後に監督を交え、この映画の製作秘話や、エネルギー問題について、トークセッションを開催します。

震災後の日本では、エネルギー問題について「今のままではいけない。なんとかしなくては」という問題意識は共通しているにも関わらず、脱原発「賛成」「反対」という対立軸だけがクローズアップされがちです。世界のエネルギーシフトのためには、あらゆる可能性について知識を高めること、そして技術革新、既存の仕組みの構造変革が必要不可欠です。「無理だ」と思考停止をするのではなく「どうしたら出来るのか」という可能性を考えることから、イノベーションは生まれるのではないでしょうか。

ぜひこの映画を、再生可能エネルギーの今と実現性を知り、エネルギー問題を考え、議論するきっかけとしてください。沢山の方のご来場をお待ちしております。

当日スケジュール
・映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』上映 (83分) 19:05~上映開始
・カール-A. フェヒナー監督ご挨拶 ※フェヒナー監督は上映後から参加します。
・フェヒナー監督、米倉氏の対談
・質疑応答

第4の革命 - エネルギー・デモクラシー

『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』 
製作年:2010年 時間:83分
監督:カール-A. フェヒナー
製作国:ドイツ、デンマーク、ノルウェー、バングラデシュ、アメリカ 他
製作: フェヒナーメディア
配給・宣伝:ユナイテッドピープル
webサイト:(日本語)http://www.4revo.org/ (英語)http://www.energyautonomy.org/
Twitter: @4thre facebook


その他補足

※本講座は逐次通訳が入ります。
※映画は会場のスクリーンにて上映いたします。音響等、通常の映画館と同等のものではないことをご了承ください。

講師紹介

ゲストスピーカー
カール -A・フェヒナー (かーる -A・ふぇひなー)
ジャーナリスト、監督、プロデューサー

1953年ドイツ生まれ。1989年よりフェヒナーメディア社CEO。16歳の頃から映像制作を学ぶ。22歳の頃にはサハラ砂漠を車で縦断する旅に出る。大学ではメディア学を学ぶ。
1983年、長女が誕生したことを機にフリーランサー及び平和活動家として数々のデモに参加。フリーランス時代はARD(ドイツ公共放送)の海外特派員として戦争報道。湾岸戦争の取材等を行う。中距離核弾頭ミサイル配備や核廃棄物輸送反対デモに参加し、拘束された経験もある。1991年より方針転換。戦争報道等、悲惨な状況を伝えるより、解決方法を提示したいと、持続可能性(サステナビリティ)をテーマにTV番組やドキュメンタリー映画を制作。
2010年、4年の歳月をかけて製作したドキュメンタリー「第4の革命」は、ドイツで13万人を動員。2010年ドイツで最も観られたドキュメンタ リーとなる。当映画はドイツ国内で150万ユーロの寄付を企業、個人から集めて制作。3.11東日本大震災以後、 5月3日にアルテ(ドイツ・フランス共同テレビチャンネル)、5月19日にARDで放映され、200万人以上が視聴。ドイツの脱原発に一定の影響を与えた映画となる。6月6日、ドイツ・メルケル首相は2022年までの「脱原発」を閣議決定している。

すべて読む 閉じる

モデレーター
米倉誠一郎 (よねくら・せいいちろう)
日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター特任教授

アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。
一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012年〜2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。
現在、法政大学、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。
イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。
著書は、「イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応」(東洋経済新報社)、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数

すべて読む 閉じる

講座趣旨

「日本元気塾セミナー」とは
アカデミーヒルズが「日本を元気にする!」をコンセプトに、2009年6月より開講している日本元気塾プロジェクトのひとつ。日本元気塾塾長、米倉誠一郎教授をはじめとする講師陣がモデレーターをつとめ、イノベーティブであると共に、熱い想いや志を持つ人をゲストに招くセミナーシリーズです。日本を元気にする原動力になる人から直接話を聞き、多くの人の心に日本を元気にする「種」を蒔いていきます。
※このセミナーはどなたでもご参加いただけます。
「日本元気塾」の詳細はこちらへ
※日本元気塾3期は、2012年春の開講を予定しております。


今後の開催予定

天野浩 (名古屋大学未来材料・システム研究所未来エレクトロニクス集積研究センター長・教授)
米倉誠一郎 (日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター特任教授)
開催日 :  2018/05/10 (木)

開催実績

隈研吾 (建築家)
米倉誠一郎 (日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター特任教授)
開催日 :  2018/02/19 (月)

若田光一 (JAXA有人宇宙技術部門ISSプログラムマネージャ/宇宙飛行士)
米倉誠一郎 (日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター特任教授)
開催日 :  2018/01/12 (金)

川淵三郎 ((財)日本サッカー協会 キャプテン(名誉会長))
米倉誠一郎 (日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター特任教授)
開催日 :  2017/12/12 (火)

募集要項

日時 2012年01月17日 (火)  19:00~21:30
受講料(税込) 4500円

※映画鑑賞料金1500円を含む


定員 100名

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



未来自分会議
六本木アートカレッジ
日本元気塾 卒塾生座談会 公開中
HIP
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!