六本木アートカレッジ
イベント

六本木アートカレッジ・セミナー
六本木アートカレッジセミナーシリーズ VR Visionaly Talk
「国宝新指定!『洛中洛外図屏風』に学ぶ、アートな暮らし。」

文化 教養

日時

2016年10月04日 (火)  19:30 ~21:00

※受付開始は19時頃を予定しています。

終了しています

内容

VR Visionary Talk」は、VR(バーチャルリアリティ)を始めとする最先端技術を使いながら、様々なジャンルの有識者が知的好奇心を刺激するトークを繰り広げ、美術館や博物館での鑑賞とは違った視点で文化財の魅力を体感できるシリーズです。

VR作品『洛中洛外図屏風 舟木本』より
監修:東京国立博物館 制作:凸版印刷株式会社

「趣味は美術鑑賞!」と誇らしげなあなた!「洛中洛外図」をご存知ですか!?
「洛中洛外図」は、室町から江戸時代にかけて京都の市街と郊外の景観を描いた屏風絵で、絢爛豪華な城や、寺社仏閣、着物姿の人々、賑わいの花見席、そして能をはじめとする芸能舞台など、「日常はアートだ!」と言わんばかりに400年前の京の風景がイキイキと描かれています。まるで当時の美術工芸図鑑とも言えるこの屏風は、現代において文化史的・学術的な価値が高く評価され、美術史や建築史、および都市史や社会史の観点から研究されています。


VR作品『洛中洛外図屏風 舟木本』より
監修:東京国立博物館 制作:凸版印刷株式会社

本セミナーでは、200点近くが現存すると言われているこの「洛中洛外図」の中でも、今年新たに国宝指定された「洛中洛外図屏風 舟木本(東京国立博物館所蔵)」に焦点を当て、講師に京都学講師である若村亮氏と、美術工芸の統合体とも言える能舞台の世界から若手能楽師を代表する川口晃平氏をお招きし、超高精細なこの屏風のデジタルアーカイブデータを超拡大し縦横無尽に操作しながら、京都の暮らしに代表された江戸時代の創作性にあふれる生活風景を、徹底的に探ってまいります。

行きかう人々の衣装から花見席の重箱の文様まで、この「洛中洛外図」を堪能すれば、美術館に通わずしてあなたの日常もガラッとアートに見えてくるかもしれません。

※セミナー中のスペシャルイベントとして、VR作品『洛中洛外図屏風 舟木本』を背景に
 した、川口氏による能の演舞も予定しております。

講師紹介

スピーカー
若村亮 (わかむら・りょう)
京都学講師、らくたび代表

株式会社らくたび代表取締役。立命館大学理工学部機械工学科卒業。2006年4月に「 ㈱らくたび 」を創立して京都に特化した事業経営を行い、『らくたび文庫』など京都関連書籍の企画・編集・執筆や、旅行企画プロデュース、各種文化講座の京都学講師、京町家の魅力発信や活用・維持保存、ラジオ番組のレギュラー出演など、多彩な京都の魅力を全国に発信している。


スピーカー
川口晃平 (かわぐち・こうへい)
シテ方観世流能楽師、梅若会所属

シテ方観世流能楽師、梅若会所属。昭和五十一年漫画家かわぐちかいじの長男と生まれるも、慶應義塾大学在学中に能に魅せられ、能の道を志す。大学卒業後の平成十三年、五十六世梅若六郎玄祥に入門。その年復曲能「降魔」にて初舞台。平成十九年独立の後、能「翁」の千歳、能「石橋」「猩々乱」「道成寺」を披く。舞台に立つ傍ら、能楽普及のレクチャーを各地で行う。


募集要項

日時 2016年10月04日 (火)  19:30 ~21:00

※受付開始は19時頃を予定しています。

受講料(税込) 4,000円
定員 80名

※定員になり次第締め切らせていただきます。

主催
  • アカデミーヒルズ
共催
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

お支払い方法

お申込・お支払い方法
・イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
・お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
・領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ> ボタンをクリックして下さい。領収証データが表示されます。

【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジのFacebook
六本木アートカレッジ2012 Video Report