六本木アートカレッジ
イベント

六本木アートカレッジ・セミナー
シリーズ~クリエイティブな人の考え方って?~
第3回:テクノロジーがつくるイノベーションのかたち 〜サイエンティストの発想法〜

知識・文化・アート 教養 キャリア・人

日時

2015年08月31日 (月)  19:30 ~21:00

※受付開始は19:00頃を予定しております。

終了しています

内容

シリーズ~クリエイティブな人の考え方って?~

クリエイティビティは身に付けることができるのでしょうか?
クリエイティブなアイディア、発想は何処から生まれてくるのでしょうか?
特別な人だけの才能なのでしょうか?
そんな疑問からこのシリーズの企画はスタートしました。

この素朴な疑問のヒントを得るために、様々なジャンルのクリエーターをゲストにお招きして、考え方やアイディアが生まれるまでのプロセスを深堀りします。そして、クリエイティビティを育むために意識していること、大切なこと、重要なこととは何かを、「集中」⇒「俯瞰」⇒「結合」の3つの観点からひもときます。

クリエイティビティを身につけたい、クリエイティブな仕事を目指している全てのビジネスパーソンにとって、刺激とヒントが満載のセミナーです。


「テクノロジーがつくるイノベーションのかたち」~サイエンティストの発想法~

シリーズ第3回のクリエイティブなゲストは、
世界を変えるビジネスに挑戦する研究者!


シリーズ第3回となる今回は、「世界を変えたい」
-その一心で、ひたむきにサイエンスに向き合い、新しい切り口で「世界を変える」ビジネスを創出してきた2人の研究者をお招きします。

“サイエンスブリッジコミュニケーター®”として、社会とサイエンスの架け橋となるプラットフォームを構築する丸幸弘さんと、女子の永遠のテーマ“可愛い”を数値化して、テクノロジーによって“可愛い”を最大限に引き出す技術「シンデレラ・テクノロジー」を研究する久保友香さん。

柔軟な理系思考で日本の新産業を開拓する2人のサイエンティストの考え方とはどんなものなのでしょうか?イノベーションを仕掛けてきた2人には何か継続している習慣があるのでしょうか?

彼らがサイエンスやテクノロジーと真っ直ぐに向き合い続けられる秘訣、研究の対象・ビジネス商材を選ぶ価値基準、そして夢を可能にするために日々実行していること等を伺います。
そこから、沼田先生(小学校教論)がモデレーターとなり、理系の方に限らず誰もが日常で応用できる「サイエンティストの発想法」をひもときます。

丸さんが率いる(株)リバネス

沖縄の植物工場を視察する丸さん
丸さんが代表を務める(株)リバネスの事業内容を一言で言うと、「研究者集団による知識製造業」です。
アイデアや熱を持つ研究者が集まり、より新しい知識や可能性を生み出して世の中を変えていく。リバネスとは「Leave a Nest=巣立つ」という意味で、つまり、人や技術が巣立つための知識プラットフォーム作りをしている会社です。

そもそもリバネスの原点は、当時先駆けだった「出前実験教室」。これは東大、東工大の現役大学院生が小学校に赴き、子どもたちに実験の楽しさを実感してもらう試みです。
問題視されている子どもの理科離れ解消と同時に、学生側のプレゼン力、コミュニケーション力向上にもつながり、彼らの就職にもプラスに働きました。この活動を皮切りに、現在に至るまで、日本最大規模の教育と研究の両領域での知識プラットフォームを構築してきました。

引用元:QREATORS.jp

久保さんが研究する「シンデレラ・テクノロジー」

「シンデレラ・テクノロジー」とは女の子が、もとの姿から変身し、新しいアイデンティティを作り上げるための技術です。
女の子にとってのアイデンティティに大きく影響する外見を加工する技術は、従来からの化粧のみならず、近年のテクノロジーの進化に伴い急激に進化を遂げた画像技術処理とマテリアルをも含みます。
前者はプリクラやスマートフォンアプリに、後者はつけまつげやカラーコンタクトなどに代表される“プラスチック・コスメ”というカタチで独自に進化を続けています。これらはともに、日本の女の子たちの感性から生まれ、そして普及していった技術です。

日本の女の子の美意識とテクノロジーの進化が連動しているのは明らかです。と言うよりも、むしろ彼女たちの美への欲求がテクノロジーの進化を推し進めていることは間違いありません。その関係性を明確にして、彼女たちの感覚を知ることで、女性の美に対する”ものさし”を明らかにしたいと、久保さんは考えています。そして、感覚的なモノではなく、工学的なアプローチによって分析し、“可愛い”を数値化する研究を続けています。

引用元:QREATORS.jp


講師紹介

ゲストスピーカー
丸幸弘 (まる・ゆきひろ)
サイエンスブリッジコミュニケーター®
株式会社リバネス代表取締役CEO

1978年、神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
大学院在学中の2002年6月に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立。日本初「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化。ネットには載っていない研究者の知恵を世界中から集めるインフラ「知識プラットフォーム」を通じて、そこに集まる異分野の知恵と知恵を組み合せて新しいモノを生み出す「知識製造業」という新業態を営む。ユーグレナ技術顧問など、多数のベンチャー企業の立ち上げにも携わるイノベーター。
著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)

すべて読む 閉じる

ゲストスピーカー
久保友香 (くぼ・ゆか)
東京大学大学院 情報理工学系研究科特認研究員
シンデレラテクノロジー研究者

1978年、東京都生まれ。2000年慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科卒業。
2006年東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了。博士(環境学)。
東京大学先端科学技術研究センター特任助教、東京工科大学メディア学部講師などを経て、2014年より東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任研究員に就任。専門はメディア環境学。

すべて読む 閉じる

モデレーター
沼田晶弘 (ぬまた・あきひろ)
国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭
ハハトコのグリーンパワー教室講師

東京学芸大学教育学部卒業後、インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、アメリカ・インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。「パッツン」「CM」「インパクトライティング」など、担当クラスでの斬新な授業が話題。

すべて読む 閉じる

開催実績

丸幸弘 (サイエンスブリッジコミュニケーター®
株式会社リバネス代表取締役CEO)
仲木竜 (株式会社Rhelixa 代表取締役社長)
高橋祥子 (株式会社ジーンクエスト 代表取締役 )
山田拓司 (株式会社メタジェン 取締役副社長CTO)
開催日 :  2017/03/14 (火)

石山洸 (元Recruit Institute of Technology推進室室長)
羽生善治 (将棋棋士)
開催日 :  2017/02/02 (木)

小林頼子 (目白大学メディア表現学科教授)
鈴木理策 (写真家、東京藝術大学准教授)
開催日 :  2016/12/12 (月)

清水順一郎 (「宇宙の人間学」研究会事務局/代表)
的川泰宣 (宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授
はまぎんこども宇宙科学館館長)
高柳雄一 (多摩六都科学館館長)
樋口清司 (前JAXA副理事長)
開催日 :  2016/11/09 (水)

松岡正剛 (編集工学研究所所長・イシス編集学校校長)
大澤真幸 (社会学者)
開催日 :  2016/10/11 (火)

若村亮 (京都学講師、らくたび代表)
川口晃平 (シテ方観世流能楽師、梅若会所属)
開催日 :  2016/10/04 (火)

山中俊治 (デザインエンジニア/東京大学大学院情報学環教授)
末兼俊彦 (東京国立博物館 研究員)
橋本麻里 (公益財団法人永青文庫 副館長)
開催日 :  2016/09/30 (金)

江口裕之 (CEL英語ソリューションズ 最高教育責任者)
開催日 :  2016/09/21 (水)

高橋龍太郎 (精神科医、医療法人社団こころの会理事長)
宇野常寛 (評論家)
開催日 :  2016/09/14 (水)

飛鷹全法 (高野山高祖院住職)
石川善樹 (予防医学研究者
(株)Campus for H共同創業者

)
開催日 :  2016/08/23 (火)

安田登 (能楽師 ワキ方 下掛宝生流)
為末大 (元プロ陸上選手)
開催日 :  2016/07/20 (水)

丸若裕俊 (株式会社丸若屋代表取締役 / クリエイティブディレクター)
高橋俊宏 (株式会社枻出版社 Discover Japan 統括編集長)
開催日 :  2016/06/10 (金)

竹中平蔵 (アカデミーヒルズ理事長/東洋大学教授/慶應義塾大学名誉教授)
南條史生 (森美術館館長)
開催日 :  2016/04/26 (火)

アンドリュー・マークル (フリーランスライター/編集者)
ロジャー・マクドナルド (特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]副理事長/フェンバーガー・ハウスディレクター)
開催日 :  2016/03/03 (木)

浦上満 (株式会社浦上蒼穹堂)
山内康裕 (マンガナイト/レインボーバード合同会社代表)
開催日 :  2015/11/16 (月)

中村洋基 (株式会社PARTY クリエイティブディレクター)
真部脩一 (作曲家・作詞家・プロデューサー)
沼田晶弘 (国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭
ハハトコのグリーンパワー教室講師)
開催日 :  2015/11/04 (水)

浜野慶一 (株式会社浜野製作所 代表取締役)
沼田晶弘 (国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭
ハハトコのグリーンパワー教室講師)
開催日 :  2015/09/28 (月)

ハヤカワ五味 (ファッションデザイナー)
澤田智洋 (コピーライター
世界ゆるスポーツ協会代表)
沼田晶弘 (国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭
ハハトコのグリーンパワー教室講師)
開催日 :  2015/07/28 (火)

シモダテツヤ (株式会社バーグハンバーグバーグ 代表取締役)
沼田晶弘 (国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭
ハハトコのグリーンパワー教室講師)
開催日 :  2015/07/01 (水)

募集要項

日時 2015年08月31日 (月)  19:30 ~21:00

※受付開始は19:00頃を予定しております。

受講料(税込) 4,000円
定員 150名

※定員になり次第締め切らせて頂きます

注意事項

複数名で一緒にご参加いただく場合にも、一括でお申込を頂くことはできません。お一人様ずつウェブ上のお申込みフォームよりご登録いただくことにより、お席を確保させて頂いております。
恐れ入りますが、参加されるご本人にお申込いただくか、又は代理でご参加者の情報をご登録くださいますようお願い申し上げます。 なお、その際に同一のメールアドレスはご利用いただけません。必ず人数分のメールアドレスをお手元にご用意の上お申込ください。

主催
  • アカデミーヒルズ
共催
特別協力
  • 大林組
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期日:2015年8月31日(月)16:30まで

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジのFacebook
六本木アートカレッジ2012 Video Report