六本木アートカレッジ
イベント

六本木アートカレッジ・セミナー
エイト・リンク・ラボ/ AIT LINK LABO
「知るとワクワク!今から行ける、2014年のアートな旅とこぼれ話」

文化 教養 指定なし

日時

2014年08月07日 (木)  19:00 ~20:30

※7/31(木)更新(取り上げる具体的内容・イメージを内容に追加いたしました)

終了しています

内容

道後オンセナート 草間彌生《わが魂の記憶。そしてさまざまな幸福を求めて》
道後オンセナート 草間彌生《わが魂の記憶。そしてさまざまな幸福を求めて》
2014年は、いつもとはちょっと違う「アート」な旅に出かけてみませんか?

今年は、三年に一度のお楽しみ「ヨコハマトリエンナーレ2014」や、初の開催である「札幌国際芸術祭2014」など、国内外から注目のアート作品が集まる大規模な国際展が秋まで続きます。

本セミナーでは、こうしたアートイベントに加え、作品と一緒に季節の花々や屋外彫刻も楽しめるガーデンで有名な「ヴァンジ彫刻庭園美術館」のある「クレマチスの丘」や、「アーツ前橋」などの日帰りで行けるアートスポットなど、ちょっと変わった美術館をご紹介します。
また、世界中から人が訪れ、瀬戸内海の美しい島々を巡りながら現代アートを楽しめる「ベネッセアートサイト直島」なども取り上げます。

その他、海外まで足を延ばしてみたい方に向けて、ベネチアで開催される国際展「ベネチア・ビエンナーレ」の他、おススメの美術館やアートフェアなどを、雑誌「オズマガジン」でアート特集を手掛ける編集デスク中尾友子氏と、キュレーター堀内奈穂子氏(アーツイニシアティヴトウキョウ/AIT)が、こぼれ話と共にご紹介します。

アーティストの「心」を知り、見て、歩いて、旅をしながら作品と出会うことで、見慣れた街の風景も、全く違う体験や発見に変わるかもしれません。

さあ、今年こそは、自分だけのアートな旅へ!

○ 取り上げるキーワード(順不同・一部) :
-ヨコハマトリエンナーレ2014(開催中~11/3まで)
-札幌国際芸術祭2014(開催中~9/28まで)
-クレマチスの丘(通年)
-アーツ前橋(通年)
-ベネッセアートサイト直島(通年)
-道後オンセナート2014(開催中~12/31まで)
-国東半島芸術祭(10/4-11/30)
左:クレマチスの丘 右:国東半島芸術祭 photo by Noriko Yoneyama
札幌国際芸術祭2014
左:北海道庁赤れんが庁舎 右:モエレ沼公園 ガラスのピラミッド「HIDAMARI」
(いずれも札幌国際芸術祭2014より)


オズマガジン 
※イメージは昨年表紙
雑誌「オズマガジン」
1年に1度のアート特集が8/11に発行。
中尾氏が2014年のアート取材を通じて感じたこと、誌面には掲載しきれなかったおすすめ情報などもお話いただきます。

講師紹介

中尾友子

スピーカー
中尾友子 (なかお・ともこ)
「オズマガジン」編集部デスク

女性誌「オズマガジン」編集部デスク。2009年以降、毎年アート特集を手掛け、瀬戸内国際芸術祭、ヨコハマトリエンナーレはじめ日本各地のアートプロジェクト、アーティストへの取材を重ねる。1976年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、旅行雑誌の編集部を経て2006年にスターツ出版入社、現編集部に在籍中。 
オズマガジン:「日常をていねいに」がコンセプトの月刊誌。2014年は8/11にアート特集を発売予定。


スピーカー
堀内奈穂子 (ほりうち・なおこ)
特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]キュレーター

エジンバラ・カレッジ・オブ・アート現代美術論修士課程修了。 スコットランド国会議事堂やジャズバーなど、エジンバラにて展覧会を企画。ドクメンタ12のマガジンズ・プロジェクト「メトロノーム11号ー何をなすべきか? 東京」(2006)では、アシスタント・キュレーターを務めた。AITでは、主にアーティスト・イン・レジデンスプログラムの展覧会やワークショップ、トークの企画のほか、アートツアーの企画や、教育プログラムMADのレクチャーを行う。「Home Again」展(2012/原美術館)アソシエイト・キュレーター、アーカスプロジェクト(2013)ゲスト・キュレーター。

撮影:越間有紀子


講座趣旨

エイト・リンク・ラボは、『アートを学ぶ、アートに学ぶ!現代アートの学校MAD』を主催するNPO法人AIT/エイトが企画する「六本木アートカレッジ」限定のレクチャーです。

森美術館チケット進呈

ご参加いただいた方には森美術館で開催中の「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」のチケットをお一人様1枚進呈します。詳細は展覧会ホームページよりご確認ください。


募集要項

日時 2014年08月07日 (木)  19:00 ~20:30

※7/31(木)更新(取り上げる具体的内容・イメージを内容に追加いたしました)

受講料(税込) 3,500円

※ご参加いただいた方には森美術館で開催中の「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」のチケットをお一人様1枚進呈します。※チケットは後日でもご利用いただけます。


定員 150名

※定員になり次第締め切らせて頂きます。

注意事項

複数名で一緒にご参加いただく場合にも、一括でお申込を頂くことはできません。お一人様ずつウェブ上のお申込みフォームよりご登録いただくことにより、お席を確保させて頂いております。
恐れ入りますが、参加されるご本人にお申込いただくか、又は代理でご参加者の情報をご登録くださいますようお願い申し上げます。 なお、その際に同一のメールアドレスはご利用いただけません。必ず人数分のメールアドレスをお手元にご用意の上お申込ください。

主催
  • アカデミーヒルズ
プログラム提供
協力
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期日:2014年8月7日(木)15:00まで
※お申込いただいた方には、アカデミーヒルズより「六本木アートカレッジ メルマガ」(月1回配信)をお送りします。

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

関連情報

現代アートの学校:MAD
現代アートの学校:MAD

『アートを学ぶ、アートに学ぶ!現代アートの学校MAD(Making Art Different=アートを変えよう、違った角度で見てみよう)』は、現代アートの理論や実践を学ぶことができるAITの教育プログラム。より詳しく現代アートを学びたくなった方、アート好きな仲間との出会いを探している方、将来的にアートの仕事に就くことに興味がある方は、MADのプログラムもぜひ。
詳しくはホームページへ....



お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



六本木アートカレッジのFacebook
六本木アートカレッジ2012 Video Report