六本木アートカレッジ
イベント

六本木アートカレッジ
日本の「継ぐ」を考える 
~能と、花と、音楽と~

日時

2013年11月24日 (日)  13:30~14:30 (開場 13:00予定)
終了しています

内容

「能」は自由だ。
そう感じさせたのは、能楽師である安田登氏の『夢十夜』朗唱を観た時。
『夢十夜』は夏目漱石だが、ダンテも、シェイクスピアも、能の型で舞われた。
茶道にも華道にも、およそ「道」とつく芸道には「型」がある。「型」とは不思議なもので、それによって一見「型にはまって」しまいそうだが、型があるからこそ「型破り」もできる。

「型」は見えない「うつわ」のようなものだ。載せられ、運ばれるものは、その風土でかつて暮らしてきた人々同士をつなぎ、今まさに生きている私たちをもつなぐ「美意識」や「情緒」や「物語」であったりする。演じられ、奏でられることで、未だ見ぬ人々に出会う「場」となるのだ。その場に「立つ」のは身体であり、楽であり、風であり、花であり、夢でもある。沈んでいた記憶に出逢うものなのかもしれない。

前半は安田登氏による『夢十夜』の朗唱と舞、山本紗由氏のヴィオロンとともに、フラワーアーティストの塚田有一氏がライブで花を活けます。後半の対談では「型」の話から、文字や言葉の話、『夢十夜』に見られる花の象徴性を通して塚田氏が現在取り組んでいる「花綵列島プロジェクト〜めぐり花〜」にも触れ、参加者と未来へ継いで行くかたちを考えます。


講師紹介

スピーカー
安田登 (やすだ・のぼる)
能楽師 ワキ方 下掛宝生流

Rolf Institute公認ロルファー。平城遷都1300年「日本と東アジアの未来を考える委員会(故・平山郁夫委員長)」企画委員。東京を中心に舞台を勤めるほか、海外公演も行う。『論語』を学ぶ寺子屋「遊学塾」を主宰し、東京をはじめ全国で出張寺子屋を行う。また能のメソッドを使った作品の創作、演出、出演も行う。「間(平城遷都1300年記念グランドフォーラム)」、『水の夢(御茶ノ水WATERRASのこけら落し公演)』など。なお、シュメール語と日本語による最新作『イナンナの冥界下り』はアーツカウンシル東京の助成でパリ、ロンドン公演を行う予定。著書『異界を旅する能(ちくま文庫)』、『あわいの力(ミシマ社)』、『イナンナの冥界下り(ミシマ社))』、『身体感覚で『論語』を読みなおす。(春秋社)』など。また、かつては『LightWave 3Dキャラクターアニメーション入門(アスペクト)』などの3DCGやゲームの攻略本、インターネット関連書籍なども執筆し、プレイステーションのゲームの制作にも携わる。

すべて読む 閉じる

スピーカー
塚田有一 (つかだ・ゆういち)
ガーデンプランナー/フラワーアーティスト

㈲温室代表。1991年立教大学経営学部卒業後、草月流家元アトリエ/株式会社イデーFLOWERS@IDEEを経て独立。世田谷ものづくり学校「学校園」/東京大学「こまみどりプロジェクト」など手掛ける。2011年よりIIDグリーンディレクター。2012年建築家平田晃久氏とともにOKAMURA DESIGN SPACE R「FLOW_ER」展を行う。2011年以降「花綵列島プロジェクト」始動。その一環として各地で「めぐり花」の活動を続ける。

すべて読む 閉じる
  温室

山本紗由 (やまもと・さゆ)
『箱庭コラァル』主宰/ヴァイオリンニスト/女優

4 歳からヴァイオリンを学び、石川静、加藤知子、漆原啓子に師事。国立音楽大学附属音楽高等学校、国立音楽大学を卒業。
大学在学中から役者、ナレーターとして活動を始め、JRAのラジオCMや全優石のTV-CMナレーションを努める。
2008年から映像団体moment所属のmoment Stringsに度々参加しZABADAKや杉真理を始めとした数々のアーティストと共演する。
2009年よりヴァイオリンの演奏と演劇の融合した
幻想耽美演奏劇『箱庭コラァル』の企画・運営を始める。
台本の執筆から作曲、演出まで全てを手掛け、『ネムリヒメ』『あおひげ』『赤い蠟燭と人魚』などの作品を発表。童話や昔話を独自の視点で再解釈し自らの思想を込める作品造りを行っている。

すべて読む 閉じる


六本木アートカレッジのFacebook
六本木アートカレッジ2012 Video Report